CL400,CB400SSの最近の記事

はじめまして、まこと@新米パパさんからバトンを引き継ぎました第9番目の刺客ことDスケです。

私がCB400SSに出会ったのは2008年12月。
あの日のことは忘れもしません。


元々高校生のころヤマハのXV250に乗っており、地元を離れた県外に進学した際に手放し、それ以来バイクとは縁遠い生活をしていました。
学校を卒業し社会人になり忙しく月日を過ごしていたのですが、12月の繁忙期に終電でも帰れない日が続き、疲労困憊のときに逃げ出したい衝動に駆られていました。
なんでこんなことしてるんやろ、もう全部投げ出したい。
そんな気持ちでいっぱいだったと思います。

そういった時期に差し掛かっていたあるとき、ドライブ中にバイク屋が見え、「こんなところにバイク屋があったんだ~今はどんなバイクがあるんだろ」と、何の気なしに立ち寄ってしまいました。
店内に入りブラブラとバイクを見ていて、ふっと振り返ったとき目に飛びこんだのがこの黄色いタンクのCB400SSでした。
SRに似ているけど、ちょっと違う。
モデル名を見ても知らない。しかもセルも付いてない。
でも、なぜか言ってしまいました。
「すみません、この黄色いタンクのバイクください」
バイク屋にふらっと立ち寄ってから2時間もしないうちに書類に判子をついてしまいました。
同行者がいたのですが、最初言い出したときにはびっくりして、帰りの車の中では大爆笑されました。

このバイクのために専用ガレージを借り、このバイクに乗るために普段あまり乗らない車も手放し、このバイクと長く付き合っていくためにバイクのことも勉強しだしました。
キックスタートなんて初めての経験で、納車のときは店から家に帰るときにどれだけ苦労したか。
アクセルを開けても○○○kmなんてでない、積載能力は皆無に等しい、でもVツインとは違う、ましてや車とは違う風の感じ方やエンジンの鼓動、景色の流れ。
どれもすばらしく自分の心に入り込んできます。

座面が高いのでシートを交換し、色々なところに出かけました。30手前の自分ですが高校生のころよりもバイクを楽しむことができていると思います。
それこそ高校生のころは、ほぼノーメンテナンスで乗っていましたが、今ではオイル交換やチェーン掃除でさえ楽しいと思えます。
できそうなことは極力チャレンジするようにもなり、それこそ命に関わる部分以外は自分で手を入れるようになりました。
まだまだ知識不足で、悩み試行錯誤しながら乗っているのですが、それがまた一つの楽しみでもあります。

今現在の走行距離は約14000km。皆さんに比べるとまだまだなのですが、オイル下がりの症状が出始めた際にエンジンオーバーホールの金額を調べてもまったく手放す気にもなりません。

パーツは少ない、乗っている人も少ない、知名度もない、速いわけでもなければ積載能力があるわけでもない。
CB400SSと人に言っても「ああ、教習に使われてるヤツ?」と間違われる始末。
でも、景色を見ながらゆったり走り、休憩中にコーヒーを飲みながらタバコを吸う。(これがあるからタバコがやめられないw)
そんな空気が堪らなく好きで、どれだけ嫌なことがあってもこのバイクに乗っている間は全部吹っ飛んでいく。
だから自分はこのバイクを愛してやまないのです。

きっといつかの将来別れるときはくるでしょうが、その時に思い残すことのないように味わいつくしたいと思っています。



次回のバトンは、某SNSで知り合いましたkazuraさんにバトンをお渡ししたいと思います。

それでは、宜しくお願いいたします!!
SN3P0138.JPGSN3P0137.JPG

SingleNuts!の皆さん、はじめまして。

まっちゃさんからバトン頂きました第8走者、まこと@新米パパでございます。

 

私がバイクの免許を取得したのはつい2年程前。

昔、オフロードでCRMやセローは乗ったことがありましたが、興味はありつつ免許取得の機会を失し

三十路に差し掛かったところで、やっとこ取得と相成ったわけであります。

先輩から譲り受けたバイク、カワサキのZ200というマイナー車が免許取得後1代目。もらったはいいが、数ヶ月で圧縮が抜けOHするかというところで、店頭に止まってたCB400SSに一目惚れし、1時間後にはハンコ付いてました。

バイクが来てからは、ほぼ毎日走ってたように思います。何もなくても海岸沿いまで一人走り、適当に自販機でコーヒー飲んで帰ってくることから始まり、mixiで見つけたコミュに参加しだしてからはマスツーにも参加し、日々楽しく走ってます。

 

 

025.jpg

去年に、全国ミーの前に関西でミーティングがあり、そのときに知り合ったショップでカスタムに手を出し始めました。FCRにモリワキのショート管、セパハンは・・・もどきで我慢、バクステは安くなったら・・・と現在中途半端ですが(^^;)

「見た目はおとなしくても、走ると速いバイク」に仕立てるべく、大蔵省に土下座しつつ・・・_○/|_

ただ、一番難しく時間がかかりそうなのが、乗り手のレベルアップと言うことに気づき、日々特訓中です。

 

26615354_898706887_149large.jpg

町をトコトコ走っても気持ちいいし、ワインディングもそれなりに気持ちよく走れる、ある意味扱いやすいオールマイティな単車だと思います。・・・なんで廃盤になってしまったのか・・・・orz

私にとって、CB400SSは「ただ走っているだけで楽しくなるバイク」です。

 

最後になりますが、拙い文章をごらんいただきありがとうございました。

寒い日が続きますが、凍結・風邪にお気をつけて「真冬のバイクライフ」を満喫してください♪

次回のバトンは、おんなじ色のSSで、カスタムもメンテも自分でやっちゃう凄いマイミクさん、

Dスケさんにバトンをお渡ししたいと思います。

それでは、宜しくお願いいたします!!

 

 

 

どうも~!!皆さんはじめまして。

もっちゃれらさんからバトン頂きました第7走者のClay Smithことまっちゃです。(笑)

最初に送信遅くなりすいませ~ん(>_<)

 

え~と(汗)自分とCB400SSの出会いから今までの自分のバイクの歴史を熱くあえて長文にしま~す。(本当熱く語ってますよ)

 

あれは、当時16歳の頃です。周りが原付免許を取り始めて、せっかく自分も16歳となり自動車とっゆう資格が取得出来るようになったので、自分も取ってしまおうとっゆうのがキッカケです。

ただ残念なことに親が父(免許何も無し)・母(原付免許のみ)免許が無い家庭で育った環境だったので、ガソリン・ハイオク・軽油てっ何?ミッションオイル・エンジンオイルの違いも解らないそんな自分でした。

当然、バイクのバの字も知りませんでした。それで、周りがスクーターでブイブイ言わせてて乗りたくなり、同じスクーターでわつまらないとっゆうへそ曲がりな性格なので(笑)当時、原付界で最速NSR50を購入しました。(今思えばこれがキッカケで火がつき良い選択だったのかもしれません)

が!!しかし、当然ミッションなんて運転したことありません(汗)ここから、NS-1に乗ってる友人に近所でミッションの猛特訓!!少し慣れて初めてのツーリングが近所のコンビにに行くのが人生初のツーリングでした。(5キロほど) 今でわ当たり前に運転できますが当時、乗りたての頃 本当、右折・坂道発進・スピードが怖いくて本当にへたくそでした。(ToT)/~~~

そんな、自分に友人に山に走りに行こうと誘われ始めて峠を走りにいきました。自分なりにアクセルをぶん回しコーナーを自分の限界まで倒した時の気持ちさ知りました。超たのし~!!

そこからです。時間が有れば峠を攻めに行きもっと早くうまくなりたい!とっ欲求にかられ、バイト代の全部をバイクにつぎ込み僕のバイク人生が始まったのです。

そんなある日のこと、友人がとある雑誌を持って来て二人でレースに参加しないかとっ誘われました?

もちろん!!即答返事で参加する~と返事\(^o^)/ここから共同でお金を出しエンジンが焼きつき外装ボロボロのNSRを3万円で買いエンジンをいちから作り直し一つ一つパーツを買い学校のテストそっちのけで(汗)一台のバイクを一年掛けて作り(本当大変だった)二人だけのレース車両が出来ました。(完成したあの時の感動&嬉しさお互い手を真っ黒にして笑ったの今でもいい思い出です)

そして、お互い毎週のようにレース場に通い練習しまくりメキメキと腕をあげて有名レースを毎回10位以内に入賞するまで最速になりました。(自分でゆうのもなんですが、いつも行くレース場だとマサ(僕の名前)&リョウ(友人の名前)コンビでちょいと名が知られてました(^_^メ) 

そんなこんなでお互い18歳になりある日のこと、友人が俺、車の免許取りいって車のドリフトがしたいとつげなれ俺バイク降りると告げられました。当然、僕は激怒だが友人の決意が固く友人はレースを引退しました。当然二人で一つで今までやってきたので僕一人でわ金が回らなくなり本当に悔しかったけど、僕もレースを引退しました。(T_T)

そして、車の免許だけを取りレースでお金を使ってたの車買うお金が無く(泣)20歳まで自分のNSRで楽しんでました。そんなある日のこといつものように、一人でいつものルートで峠を攻めてました。ある、ヘアピンコーナーでいつもあるガードレールが無いとっきずき前後フルブレーキ!!見てしまったら最後そのまま吸いこまれるように崖に導かれ何とか崖ギリギリで停まることができました。

我に戻り冷や汗と震えでしばらく棒立ちになりました。そこで勝手にあ>これは、神様がバイクから降りなさいとっゆうお告げだと思い。もう、俺バイクを引退しようとっ決意しました。

そしてお金を貯めて車を買い4年間車をドレスアップしたり&オーディオで遊んでました。でも、どだけ改造しても音を良くしても満足いかないのです。(当時、内心何で?満足しないか?解りませんでした。)

 

そんなある日のこと、とある国道を爆音とフルスロットルの一台のレプリカバイクが通り過ぎていきました。少しづつ忘れかけてたバイクの記憶が通り過ぎて行ったエキゾースト音で僕の体に電気が流れ一気に昔の記憶が蘇りどんだけ車を改造しても満足しない理由が解りました。心の底から俺にはバイクだー!!とっ思い何かをふっきれたかのようにスッキリしました。

やはり!!あのバイクの楽しさを一度知ってしまったら、記憶が薄くなっても体が覚えているものですね(^_^メ) きずいたころには、イスに座りまるで小さな子供のように口でブ~んとか言いながら、頭でコーナーを描き体を倒し右手をグーにしてスロットルを開ける練習してました(笑)

 

 

  kok bbq 164.JPGのサムネール画像そして 、中型二輪の免許を取り、今回バイクにのるなら、せっかく日本人として生まれてきたのだから、スピードを求めるのでわ無く自分のペースでゆっくりと日本とっゆう国を走りたいと思いました。

そこで、出会ったのが、CB400SSです。レトロで渋いトコトコサウンドのシングルエンジンに一目惚れしました。(タンクのカラー世界に一つだけオリジナルカラ―です。)

ここから今も進行中ですが、バイクを自分色に染め日本を回るツーリングのスタートです。

 

九州 009.JPGのサムネール画像まず、2008・夏 自走で中部地区 から九州に渡り福岡・長崎・熊本・大分からフェリーで四国にわたり愛媛・高地・香川・徳島周りました。(画像は、九州の熊本の阿蘇の大観峰にて)ちなみに2009年夏 も行きました。

 

 

北海道3 014.JPGそして、去年2010年夏、バイク乗りの聖地一度走って見たい北の北海道を走りました。(北海道最北端モニュメントにて)

とっまぁ~大まかですがこんな具合に少しずつですが、マイペースで相棒のトコトコサウンドをききながら旅を楽しんでいます。

 

まだまだ、中国地方・北陸地方まだまだこの目で見て無いところだらけの日本(汗)自分の体が持つまでバイクと供に人生かけて見て行きたいと思ってます。(おおげさかな?)

 

富士ツーリング 021.JPGしかし、今の相棒に出会ってから、人生の生き方考え方人との出会いと繋がり色々なことを教えてくれました。本当に、CB400SSに出会えたことを感謝したいと思っています。

 

SSバンザ~い!!\(^o^)/

さてさて、長文読んでいただきありがとうございました。そろそろ次の方を紹介したいと思います。

 

最近、会うたびにちょこちょこ改造してカッコ良く!WM使用のカフェレーサーにしてる。第8走者 僕のバイク仲間でもある、マコトさんにバトンを渡したいと思います。

それでわ!!ハリっキッテ行ってみよ~!!\(◎o◎)/! 

 

SingleNuts!の皆さん、はじめまして。

icemanさんからバトン頂きました第6走者のもっちゃれらです。

 

CB400SS 自分にとっては4台目にして単気筒デビューバイク。

07年からの付き合いでまだまだ若輩シングル乗りですが、少し振り返ってみると・・・

自分にとって『バイクの車種も自分も変わったなぁ~』と思わせる転換期の1台。

 

自分が免許を取った頃と言えば、ゼファー、スーパーフォア、XJRといったネイキッド400マルチ全盛期。

そんな頃、'92 BANDIT 400Vという少し路線の違う?ネイキッドでバイクデビュー。

免許取得からの6年間は長野での生活。

どこ行くのも山越え、谷越え、酷道なんてそれが何か?、海沿いなんてそれこそ何さ( ̄▽ ̄b

 

普段のバイク生活の延長線で『乗る』・『操る』を存分に楽しめるそんな土地柄(山柄?)のせいか、

加速、最高速、コーナリング、ブレーキング全ての面に置いて高次元で絶対的な速さを持つバイク。

そんなバイクへの憧れが強くしていったのを覚えています。

 

そんな憧れを抱きながらBANDIT、'89 CBR250と乗り継ぎつつ大型免許取得

念願の'00 CBR929RRへ!!

 

と・・・ここまで『3台目もっちゃれらさん』がお送りしてきた訳ですが、いろいろ思う事もあり・・・

 

とりあえず免許はなんでもいける、大きい・凄いのもずいぶん楽しんだ。

という訳でこれでこの方向性は『ひと区切り』と納得。

 

昨日まで『藤原紀香、ええわぁ~』と言っていた友人が、

突然『やっぱ蒼井優ええわぁ~ 素朴って・・・ええわぁ~』と言わんばかりの変わりっぷりw

 

CB400SS 4台目もっちゃれらさんデビューさせていただきました。

それまでセパハン、前屈みがデフォルトだったので・・・後遺症抜けずw

取り急ぎセパハン、バックステップ導入。勢い余ってシートの張替え、形状成形、材質変更。

しばらく潜伏後、マフラー交換、ビキニカウル装着。

 

 

SS-1.jpg

実は後ろ姿がお気に入り

SS-2.jpg

まだまだポン付けで凝ったカスタムや流用はできていないので熱く語ることはできませんが、

自分が想像してた以上に『自分仕様』へと変貌していく様を見るのが楽しい毎日。

 

走りの面でも、充分なトルクがあるおかげで常用域では気持ちよく走ることができ、しかも軽い。

5速ミッションや強烈なエンブレやシングル的な乗り味、いわゆる速く走るためには少々ネガな面も、

いかにパーシャルできれいに回転を保持できるか!なんて課題も見えたりして面白さにつながる。

絶対的な高性能ではないけど、充分に磨かれた性能を持っている。

 

『バイクと乗り手 一緒になって楽しい』 そんな感想がぴったりなバイクだと思う。
 
SSに乗り換えようとした時、なんとなく感じて、でも決め手になった理由

 

『いつも乗る、長く乗る』

 

着なれた普段着のように、でもすたれる事のない一着のように、長く長く楽しんでいきたい。

初めて店で見た時から、そして今でも、そう感じられる単車です。

 

拙い文章を最後までお読み頂きありがとうございます。

皆さん事故には気をつけて、素晴らしいSSライフを♪

 

次はClay Smithがお似合いのオシャレタンクSSライダー まっちゃさん にバトンお渡し致します。

それでは よろしくお願いします( ̄▽ ̄)v

  はじめまして。icemanと申します。シューヘイさんからご指名を頂きました!

cb400ssは、自分にとって初めてのバイクで、大学2年の時から乗っているんで、

もう8年の付き合いになります。もうすぐ8万キロ・・・早いもんです。

 

最初に憧れたバイクは、高校生の時に読んだ湘南純愛組に登場した「STEED」でした。

かっこいい・・・・。しかし、当時アメリカに住んでおり、「環境的にまぁ無理だな」という感じで、

あきらめるしかない状況でした。

 

数年後、帰国して日本の大学に進学。

そこで出会ったFTR250に乗る友人の後ろに乗せてもらい、憧れが蘇ったのです。

単気筒特有のドコドコ感。これにヤラれました。

 

さっそく免許を取り、バイク選びに。その時「STEED」への憧れ既に消えており、

「単気筒」+「HONDA」という二つの軸でバイクを選びました。

最初に目を付けたのは、FTR・クラブマン・シルクロード等々。

でもせっかくなら400がいいなぁ~と思っていた矢先、見かけたのがcb400ssの

パールアトランティスブルーでした。そう一目ぼれってヤツです。

2003.jpgさっそく購入したのがこいつです。

購入後しばらくノーマルで乗っておりましたが、やっぱりカスタムしたいと思い始め・・・

 

2004.jpgまずはこんなカンジに。スーパーサウンドにシート。それからグリップとミラーを交換。

正直ノーマルが目立つこの頃が一番カッコよかったような・・・

 

IMG_0269.jpg

で、まとまりのないこれ。トラッカーハンドルのクセして、ロッカーカスタムでよく使われる

ペイトンプレイスのオークランドタイプステー。ショートリアフェンダーにミニメーター。

ん~どこへ向かっていたんだろう・・・

ss.JPG

その後、事故で宙を舞い、廃車寸前だったバイクを自力で復活させたのがこれ。

かなりのトラッカースタイルになりました。

 

P7270024.jpg最後に今現在。ワンオフのロンスイとCB50タンクのせいで、SSって分かってもらえません。

外装はほとんどイジリ倒したんで、次はエンジンとキャブ、足回りもイジリたいなぁ~~

 

なんかカスタムHISTORYになっちゃいましたね。

文章力ないんで、写真で誤魔化しちゃいました。すんません・・・・

SSは自分にとって宝物なんで、一生乗っていくつもりです。これからもよろしく!!

 

次はセパハン・バクステの攻撃的なSSにのるもっちゃれらさんにお渡ししたいと思います。

よろしくお願いいたします!!

 

 

 

 

 

 

長崎出身で愛知在住のシューヘイです。

nagoさんから、ご指名を頂きました。
正直何を書いて良いか解りませんが、
CB400SSを購入理由とCB400SSを購入してからを書かせて頂きたいと思います。

自分が高校生の頃、ドラマ「Beautiful Life」の影響でトラッカーブームの絶頂期でして、
自分自身はあんまり興味が無かったのですが友人の影響でバイクに興味が芽生えました!

大学に入学したらFTRを買ってやると思いながら大切な受験勉強の時期に
ネットでFTRオーナーズクラブ「フラトラ」や「シングルハート」等を観てカスタムのお勉強(笑
(第一志望には不合格w)

そして福岡の大学に入学してからは取りあえず、原付のボロボロDioを購入したけど、
数ヶ月で中古のAPE50に乗換え。このAPEでのカスタムでイロイロ勉強しました。

バイトでお金を貯めて中型免許取りに行ってFTRを買おうかと思ったけど、大学の駐輪場にFTRが
多い事に気づき、人と同じバイクを買うのが嫌になり、免許は排気量400ccまで乗れるのだから400ccのバイクに乗ろうと思い、SRを買おうかと思ったら友人がSR買って嫌になり、イロイロ考えていたらバイク雑誌に「CB400SSがセル付きで登場!」の記事を見てこれだ!!
と思い、家の近くのドリームに買いに行きました。

当時の自分の固定概念としてはバイクを買ったらHPを作ってミーティングに参加するべきだ!
との思いからHPを立ち上げました。(現在、放置中w)

そしてミーティング等に参加したら某先輩方の教えにより、ツーリングが楽しくなり。
日常の足として購入したバイクでしたが・・・・。
学生時代の夏休みにCB400SSで日本一周を二回もしちゃいました(笑

 

DSCN0065k.jpg良い思い出です。

カスタムは購入当初はバリバリにする予定でしたが、パーツが無いw(お金も無いw)
今はWMさん等がカスタムパーツ等を出して頂いていますが数年前は全く無かった。
セル付きが出た位でセル無し時代にではパーツも廃盤に。。
当時は本当に人気が無かった。
って事で汎用品&他車流用等の情報交換によりイロイロ頑張りました。
結果がコチラ↓↓

 

P1020417.jpg基本的に出来ることは自分での方針でカスタムしていきました。
詳細はblogを見て頂ければと。。。

現在、CB400SSは友人にレンタル貸出し中で、自分のメインバイクはGS1200SSって言う
変態バイクになってますが、ツーリングに行くと、この道はCB400SSの方が楽しいよな~
と思いながら、走っている事が多いです。
やっぱしアクセル全開で走るのは楽しいっす!
大型バイクでアクセル全開は出来ませんからね。

長々と書きましたが、次はTHEトラッカースタイルで乗っているicemanさんにお渡ししますので宜しくお願いします。

Single Road~CB400SS&GS1200SS~(放置中)
http://www.geocities.jp/singleroadcb400ss/

syuheiのblog(こっちがメイン)
http://blog.livedoor.jp/syuhei_28/


お初にお目にかかります。nagoと申します。
ZONNお父さんの代打としてまいりました。
このバトンのタイトルからあるように、マイノリティなCL400・CB400SS乗り・・・でした。
でした、というのは後々お話いたします。

ワタクシとバイク、CB400SSとの簡単ななれそめ、など。

家庭環境の影響で、もともとマシンが好きな小娘ではありました。
FCでエキサイトバイクが好きだった、て書くと年齢が推察されますが。
ただ免許を取れる年齢になったとき、東京在住・東京の大学ってことで、二輪・4輪の免許は取得せずにおりました。

転機は四捨五入すると30歳になる、あるときでございました。

当時仕事とある勉強を同時並行していたワタクシは、過労から病気になりました。
そこで「ああ、人間ってもろい。好きなこと、やってみたいことはしといたほうがいいわ。」と
思った、そこからでございます。色んなことにチャレンジしてみました。その中の一つがバイクです。
うちはある事情からバイクNGな雰囲気だったので、慎重に。
「自分にバイクが向いているかわからない。なにせ「運転」をしたことがないし。」
そこで私がどうしたかと言うと、無免許でもバイクに乗れる

モトクロス。

DSC_0235.jpg
↑当時借りてたバイクです。
今考えるとオカシイですね。
でもその時はもう思い立ったが吉日、川越にあるウェストポイントさん主催の
「モトクロスごっこ」、これに参加したのでございます。

ひとりで。

はい。もちろん、Nが下から2番目なんて知らない。
ネットで調べて行ったのですが、間違ってレースのとこ見たせいでリターン式6速を認識してました。

初回バイクはウィリーから発進です。

まぁ運良く事なきをえたのですが、ワタクシ大笑い、トレーナーのお兄ちゃん大慌て。
でも1日かけてまぁイケるな、という確信をえて、そこからバイク人生は始まり、
知人とモトクロスにハマり、その後中免ゲット。
ただ4輪を持っていなかった私は、教習所の卒検を卒検と認識しないまま
運転してスルーしたりと、ちょっとオカシなスタートを垣間見せてましたが。
(卒検は調布の免許のとこでやるのだと思っていた)

そんな始まりだったので、元はオフ。好きなバイクはオフモタ。KTMとHusqvarnaに憧れ。
とりあえず知人にXR250を借りてウロウロしつつ、どのバイクにしよう~と模索。
でもまぁ、やっぱり慣れもあるし、XR250かなぁと。
ホンダドリームに見積もりだしにもらいに行って、
店に足を踏み入れた途端、目の前にあったのがCB400SSパールコーラルリーフブルー。

 
「これください(キッパリ」

というのが出会いです。一目ぼれ、てやつですね。色にほれ込みました。
キレイな色。目立つ。おかげで服装を選ぶことになりましたが。

SRも認識はしておりましたが、キックオンリーということと、オフ系で探していた
自分は選択肢から抜いておりました。
例えば交差点とかで停まったときにキックする自信がなかったんですね・・・汗

当時は知人から格安でKTMのモタを買わないか?と言われていたのに、知識がないばかりに
あっさりと断ってしまっていた、今となっては「惜しいことを!!!」という話もいい思い出です。

==========================================

これまでが私がバイクに乗るきっかけとCB400SSとの出会い。
さて、CB400SSというバイクがどういうバイクかというお話。
ここからはあくまでも私の主観ですので、ご了承ください。

25fb.jpg

もしこのバイクを評価するに6項目くらいあったとして、全ての項目はまんべんなく平均点以上を取っているが、それゆえ高得点項目はない、そんな感じでした。
でもそんなバイクだから、マイバイク1号&公道デビューに向いていました。
バイクのそんな特性に助けられたことも、多くありました。

女子に向いていると思いますが、ちょっと車高が高いかな。
ワタクシは162センチ+靴のソール分ですが、152センチの女の子は「高い!」て怖がってました。
妙なところにステップが設置されてるので、ノーマルのハンドルとのバランスは
まるでママチャリのようといわれます。。。なんか背筋が伸びる。
意外にトルクはあります。バランサーのおかげでノーマルで乗ってると振動がほとんど感じられません。
他のバイクに乗ったときに、ミラーが揺れて後方が確認できないことに衝撃を受けてました。
ノーマルで乗ってると早く走ろうとか全然思わない。思えない。のんびり走る気にさせてくれます。

ノーマルといえばマフラー。
こん棒マフラーと呼ばれてしまったもっさりマフラーからでてくる音は耕運機・・・みたいな。
でもそのおかげで当時住んでた東京都世田谷区でも「うるさい!」て言われることはありませんでした。東京の住宅地は本当に騒音に気を使うので助かりました。

燃費は激しく良い。
ノーマル&私が安全運転&そんなにぶん回さないせいもありますが、38km/Lとかでてましたし、
一度正月の都内(がらがら&信号ほとんど青でスルー&60キロ走行)で42km/Lというのをただきだしたこともありました。計算間違ったかと思って4回くらい計算方法を見直して電卓叩きなおしましたよ。

おかげでウチのバイクについたあだ名が「CB400SC(スーパーカブ)」
HONDAのスター車の名前をいただけるなんて光栄です。

私はツーリング目的だったためバイクをカスタムすることはなかったのですが、
CB400SS乗りの友人たちの愛車を見てると、かっこよく変貌してる車体が多く見受けられます。
うちの子ももっとかっこよくしてあげればよかったな~と後悔したりして。

========================================

そんなCB400SSと3万キロ、いろんなところに行きました。
房総の舗装林道に突然行ってみたり。
最初は秩父とか伊豆とかで「遠い」とか言っていたのですが、
その後ロンツーで紀伊半島1周、四国1周、西は広島まで。

横浜出発でそんなことが出来ようとは。
私自身はそこまで運転技術があるほうではないので、バイクに助けられたことも多数。
本当に安定した優秀なバイクでした。


そんな優秀なバイクですが、わたくしがバイクに求めるものが「ロンツー」になってしまったので
大型に乗換えをし、今年の4月にお別れをしました。
自分がお金持ちだったらとっておきたかったのですが。。。

CB400SSに乗ってる友人・知人にたまに運転させてもらうと、
自分が乗っていたころの思い出が蘇ります。
ステップポジションはちょっと変・・・ですが、クセがなくて安定してて優秀で、
だからこそイマイチ魅力がないともいわれちゃうCB400SS。でもそれがいいいの。

あの子のおかげで色々な場所へ行き、また沢山の人に出会えました。
CB400SSがマイバイク第1号でよかったと思います。


ではお次は大型乗りでありながらCB400SSの魅力も知ってる、シューヘイくんに
お渡ししまーす。
よろしくお願いしまーす。

nago

単気筒狂(シングルナッツ)の皆様方、初めまして。第二走者でCB400SSに乗っているkikuと申します。

第一走者の3104さんからバトンを受け取りつつも、長らく保持したままになり遅れて申し訳ありませんでした。

バイクとの馴れ初めなどを交えてマイナー車種?のCB400SSとの出会いについて書きます。

 

バイクに興味を持ったのは19歳頃で、皆様と比べるとやや遅咲きと言えるかもしれません。たまたま某雑誌で見かけた「エイプ」がきっかけで「四輪免許(=原付)のみでもこんなに格好いいバイクに乗れるのか!」と興奮しきりでしばらく雑誌を眺める日々が続きました。当時は普通自動車免許しか所有しておらず、選択肢は原付のみでした。

しばらくして就職が決まると一気に免許習得に向けて動き出し、2週間ほどで無事普通二輪免許を習得しました。教習車を除く初のバイクは、親父のXL200Rです。四苦八苦しながらキックでエンジンを掛け、ウィンカー操作など極めて危なかしつつも初めて公道を走った感動は今も忘れません。私が言うと酷く安っぽい響きになりますが、正に「風になった」状態です。ヘルメットの中で叫んでいました(笑)。走ることの楽しさ、転倒の痛み、装備の大切さなどたくさんのことを教えてくれたバイクでした。

就職先は実家から遥か遠い岐阜の地でしたので親からも「中古でいいから車買え」と言われましたが、天候や会社の形式から「冬でもバイクで走れる」と判断し自動二輪生活を始める事に。20年以上前の車両のXL200Rは大分ヤレているので新たにバイクを購入することにしました。自動車は特にメーカーに関する思い入れなどはないのですが、二輪に関しては「バイク=ホンダ」とのタイ人並の思想が刷り込まれていたようでホンダから選ぶことに。

「エイプ→エイプ100→マグナ250→シャドウスラッシャー→FTR→...」などと一通り検討し、最終的に残ったのはホーネット250とCB400SS。車検のない250cc区分に興味が沸きつつも、転倒した場合のネガティブなイメージが払拭できません。「タンク凹むだろうな」とか「クランクケース削れるだろうな」とか「タイヤ高いだろうな」とか(笑)。

最終的に残ったのがCB400SS。それはCBの名を冠しながら真新しい試みがある訳でもなく、特別馬力があったり速い訳でもなく、最も中途半端で──それでいて当時のラインナップ中、最も美しいバイクでした。老若男女、誰が見ても「ああ、バイクってこんなだな」と思えるデザイン。車検はあるけど働けばなんとかなるだろう、などと自分を励ましながら。

もう1つの決め手はキックスターターが付いていた点です。XLの頃からバイクはキックでエンジンを掛けるものだと思っていましたので。この辺りはSRユーザーと通ずるところがあるように思います。こうして現在に繋がるバイク生活が始まりました。

20070513022611.jpg納車日に駐車場でこかしたりGW中に山道で転倒したり翌月に側壁に突っ込んだりしたのも今ではいい思い出?です(笑)。

その後しばらくはソロツーリングで運転に慣れつつバイク屋さん主催のマスツーリングに参加したり。1年ほど経過した頃にオーナーズサイトのミーティングに参加したのを皮切りに全国ミーティングなどにも顔を出すようになりました。マイナー車種なだけにオーナーの意見は貴重です。

IMG_1987-thumb-640x480-408.jpg以前は2日に1回はフクピカで拭いていたのですが、今では怠りがちです。4年で35000kmを超えた車両はそれなりにヤレているのでもう日本一の座は譲っても宜しいかと...その代わり雨天用に屋根付き原付を入手したりと迷走は続けています(笑)。

IMG_2690.jpg季節によってハンドルガードやグリップヒーターを外したりしますが、現状はこんな具合です。ノーマルの雰囲気は好きですので極力残すようには心掛けています。

 

 

image120.jpg ライディングスクールなどにも何度か参加していますが、サーキット走行も何れ挑戦してみたいものです。

長くなりましたがこの辺りにて締めと致します。それでは次のバトンをCL400乗りのZONNさんに回しますので宜しくお願いします。

はじめまして。縁あってCL400,CB400SSのバトンを回すことになった

第一走者の3104です。マイナーなシングルの二車種に貢献できたらと思います。

 

 

 

僕は正直バイクに乗るつもりなんてホントずっとありませんでした。

きっかけは東北。そう、東北へ行ってみたかったんです。

それまで、日本をいろいろと回るのが好きで何かといろんなとこに行く

機会があったけど東北だけは、関西から気軽には行けない...。

電車だろうが飛行機だろうが便が悪い。車だと楽だけど買って所有する

場所も余裕もない。
(今思うとレンタカーって手段があったけど当時は頭になかったなぁ 苦笑)


「そうだ、バイクだ。」


バイクに乗るきっかけはこんな感じの完全なる思いつき。

でも「バイク」ってマルチのどでかいボディーのイメージが強く

自分にとっては気軽に乗りたいと思えるものではなかった。

そんな時、どこかのサイトでたまたま見たのが"CB400SS"。

なんかSRでもない、エストレヤでもないかっこいいヤツがあるやないか。


「こいつに乗るために免許を取ろう。」


気がつけば、学校に入校してました。

購入時も、気軽なセル付きを新車で買うつもりで店に行ったのに

セルのない初期のSSに一目ぼれ。いつもなんとなくです。

それから5年経ちます。乗り換える気にはなりません。

だから「なんでSSなの?」とかよく聞かれるけど

SSだからです。自分にとって他に選択肢はなかった。

パーツも少ないし、車検も受けんといかんけど、このバイクでよかったと思う。

 

念願かなって東北をぐるっと回ったり、近場の紀伊半島を走ったり

実家の金沢に帰ったり、毎日の通学に使ったり、気づけばどっぷりつかってた。

 

買った理由がこんなワケで、当然バイクつながりは大学の友人のみ。

他のオーナーさんの情報はネットでよく見てたけど、それだけだったしカスタムもなし。

 


2年ほど前に一度退会していたmixiに再入会して、SSのコミュニティー

にはいり、ミーティングにも初参加。これが劇的変化でした。

バイクの話だけで人とつながる。こんな楽しいことはない。

こんな世界があったのか。3年分損しました 苦笑

バイクには、乗るだけじゃなくて、眺めて、いじる楽しみがあることを

よ~く知らされました。

ノーマルの雰囲気を中心にカフェレーサーやトラッカーのカスタムが多いけど、

SRほどパーツはない分、中にはSSかどうかわからない位のいじり具合な人もいる。

バイクは十人十色だけどSS乗ってる人に悪い人いないなぁ。

フルノーマルだった自分のバイクはいつの間にか、変わってました。

思いっきり見た目カスタムですけど。走りが変わるようなことはしてません。

そろそろそういう方向もいじっていきたい。

IMG_5998.JPG 

現状はこんな感じ。目指すはフルノーマルのように見えるけど、だいぶ手の入ったカスタム。

ボチボチまた手を入れていきたいですね。

廃車になるまで乗りたいと思います。

 

この前はじめてsingle乗りのミーティングに参加してみたのですが

多車種の方との交流は今までなかったので楽しかったです。

シングルつながりもいいですね~よろしくお願いします。

 

 

それではバトンを世界一ピカピカなCB400SSに乗っているkikuさんさんに回します。

よろしく~。


3104:blog「気ままな生活」http://movebymyself.blog89.fc2.com/

 

無料アクセス解析 ... ... ... ... ... ... ... ... ...