Reducer ツインリードタイプ

| コメント(7) | トラックバック(0)

数ある内圧コントロールバルブの中でも性能と清掃性ではピカイチです

SingleNuts! では長年のシングルに乗り体験・体感・情報網により

Reducer ツインリードタイプを扱う事にしました

以下 購入された方のインプレになります

いろいろ悩まれている方の参考になれば!
(加筆なし!生の声をどうぞ!)

 

ブローバイホース内径10Φ~14Φに対応

2輪車及び軽自動車にお勧めです。
*********************
クランクケース減圧バルブ:レデューサー(Crank Case Pressure Reducing Valve:Reducer)の概要と装着メリット

 レシプロエンジンのクランクケース内では、燃焼行程の際にどうしても不燃焼ガス(通称:ブローバイガス)も発生します。本製品はこのブローバイガスを適正にマネージメントする働きをし、この結果、燃費や出力の向上という効能をもたらします。

 本製品はクランク脈動に呼応して開閉するバルブを持つ、1WAY(一方通行)方式のバルブです。従来から存在したスライドバルブ方式とは異なる、リードバルブ方式を採用した画期的なアイテムです。

 インストール(装着)が容易であり、しかもエンジン自体には負荷をかけず、負荷を取り除くことにより効能を発揮するアイテムですので、エンジン自体を労わることができます。

・アクセルワークにより「燃費」「出力」のいずれかに振り分けた効能につなげることが可能(データ計・測・立証済)
・エンジンブレーキ減少に伴い、アクセルオンオフ時における「ギクシャク感」の軽減
・「シフトショック」の軽減
・「エンジン振動」の軽減
・「エンジンオイル劣化」の軽減
・エンジン内部圧力マネージメントに伴う「エンジン耐久性」の向上(ロングライフ化)

引用終了

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.singlenuts.jp/mt/mt-tb.cgi/204

コメント(7)

ウッティー君の
ウッティーの熱しやすくさめやすいブログより


パワーチェックでレデューサーの効果を調べる

それでは測定に入ります。

測定順序ですが、ツインリード、シングルリード、レデューサーなし

の順で行いました。

なぜこうゆう順にしたかというと、十分に減圧されている状態で測定したかったからです。

最初にレデューサーなしで測定し、レデューサーに付け変えすぐに測定した場合、

もしかして十分に減圧されてない常態にあり、はっきりとした効果を得られないかもしれない

と考えたからです。(もしかして付けてすぐ効果がでる仕組みならすいません、あんまり原理を理解してないもんで・・・。)

3時間ほどツインリードを装着し走行してからの走行ですので、確実に減圧されている状態での測定です。


それではまずツインリードから。今回は動画を撮ってみました。
測定結果をまとめると

ツインリード     MAXパワー:44,12(7000回転まで) MAXトルク:4,80 
シングルリード   MAXパワー:44,54(7500回転まで) MAXトルク:4.88
レデューサー無  MAXパワー:44.65(7500回転まで) MAXトルク:4.84

3つを比較すると、MAXパワー、MAXトルク共に大きな変化がありません(汗)

以外にもMAXパワーは,無しが一番高いです。

しかし僅かな差なので、測定誤差の範囲かもしれません。

ツインリードは7000回転までなのでMAXパワーは少し低いですが、たとえ7500回転まで回していたとしても大差はなかったと思います。

MAXトルクは若干シングルリードが高いようにも思えますが、これも難しいところです。


う~ん、レデューサーは微妙なのか??と落ち込みかけたのもつかの間、レデューサーのすごさは次のグラフに表れていました。
これは3つのグラフを重ね合わせ、横軸は時間で表しています。

要するにアクセルを全開にした瞬間から7500回転でアクセルOFFするまでの時間を表しています。

重ねてみるとレデューサー有の方が確実にパワーが出ているじゃないですか!!

ツイン・シングルとレデューサー無しの差は明らかです!!

ツインとシングルの差は僅かですがツインのほうが上に見えます。

B@minDriveさんはツインの方がいいとおっしゃってましたが、この僅かな差を体感されたと思われます。

この差がわかるBさんすごいですね(汗)

私なりの結論ですが、

レデューサーを装着するとMAXパワーに変化はないが、確実に速くなる!!

そして耐久性さえクリアすればシングルリードでも十分効果はあるが理想はツインリード。

しかし、MAXパワーが上がらなかったのは少しショックです・・・。


これからはシングルリード0.05ミリ仕様をしばらく付けて走り、耐久性を見て行きたいと思います。


こうなってくるとツインタイプとクワッドタイプではどういう差がでるか気になるな~・・・。

この記事のURL: http://blogs.yahoo.co.jp/gokujyouharami/35500943.html

丼吉君のインプレです

今までありそうでなかったレデューサーとNAGの比較
一体どっちが良いのよ?
違いはあるのかよ?
ってか意味わかんねーよ!

色々あるかと思います。

とりあえず仕様状況ですが。。。

・2号機
400ノーマルエンジン、ワンオフスパトラオープンエンド改、フルトラ改
FCR39+デュアルスタック、その他もろもろな感じの車両

・レデューサー:ツインリード(リードバルブ式、リードバルブ.05mm)
・NAG:旧型仕様(スライドバルブ式)

何かもうすでにオタクなニオイがしますw

続けますw

とりあえず条件を一緒にしなくちゃ意味がないと言うことで
設置場所は一般的に一番効果があると言われるクランクケースブローバイから
すぐの箇所の装着しました。

ヤッツケ感丸出しですが、とりあえず効果を確かめるにはコレで十分です。
見た目的なことは装着条件が整ってからジックリと。。。

先に言っておきますが、ウチは○○信者ではないんで
思った通りのことだけ書きます。
別にどっちが良かろうが、どっちが売れてようが別に。。。ですw
じゃないとインプレなんて書く意味ないでしょってことで。

まぁとは言ってもウチの体感論なんで、どこまで参考にするかは好きにしてください。

とりあえず面倒なんで結論から言うと

『レデューサーの方が圧倒的に良かった』

です。

・エンブレ
両方とも十分に体感出来ます。
ちなみにアクセルONからOFFのエンブレが劇的に軽減されます。
ボーっとしてるとアクセルOFFにしてもそのまま進むので
結構注意が必要ですw

シフトダウンによるエンブレはどちらもキッチリ効きますが
レデューサーの方がワンクッションある感じです。

『ガツン!』じゃなくて、『グ~~~』って効く感じですね。

バックトルクリミッター的な感触ですね。


・振動・挙動
両方とも振動軽減は体感出来ます。
ただレデューサーの方がより体感出来ました。

挙動に関しては結構違いました。
低速時(低回転時)の安定感がレデューサーの方が格段に上です。
たぶんこれはツインリードだからではないかなと。

エンジン暖気時にレデューサーをバラしてリードバルブの動きを見たところ
2枚のリードバルブが回転数に応じて異なる動きをしています。

ピストン上下運動に連動してエアが発生
ブローバイから吐き出すエアと吸い込むエアの脈動でそれぞれ動作してるワケです。
それは当然回転数に比例しますよね。
回転数が低ければ脈動の排圧は小さくなります。

その際2枚のリードバルブでより効率的に処理出来るツインリード
逆に旧型NAGはボール式でストロークも大きく、排圧の小さい状態での
動きは若干不安定な印象でした。
その差が低速時の安定感の差になっているのかなと。

ただ乗りやすさという点では低速時の安定は非常に重要ですよね。

・フィーリング・パワー感・回転上昇
これが結構両者で違いがありました。

まず低速のアクセルのツキ、これはレデューサーの方が良かったです。
理由としては前に書いたことが理由じゃないかなと。

次にパワー感と言うかトルク感、敢えてここはトルク感と書きました。
これはNAGの方が強く感じました。
個人的な意見ですが、ツインのレデューサーに比べ、NAGの方は
排圧の処理の若干のロスがあると感じます。
ワンウェイと言っても100%吸わないという事はありえないので。

よくスパトラとかでも、エンドオープンよりエンドクロースにして
排圧をかけてやった方がトルク感が出ます。
このトルク『感』ってのがクセモノで、抵抗をトルクと感じてるのかなと。

レデューサーの方はスムーズなので、スルスル前に出ます。
なので中低速のトルク感は薄く感じますが、実際のトルクが小さいとは限らないかなと。
このへんはパワーチェックでもしないと数字では分からないですけどね。

ただトルク感はNAGの方があるので、シングルらしいパンチの効いた
中低速のトルク感が好きな人はNAGの方が好みかも。
ウチはスムーズな方が好きですけどね。

で、次に高回転の伸び。

これはハッキリ言って全然違いました。
間違いなくレデューサーの方が格段に上でした。
NAGの方は6000回転くらいから抵抗みたいなフィーリングがあるのに対し
レデューサーの方は全く抵抗なく7000回転以上まで回ります。
個人的に一番体感差があったのがこの部分でした。

やたらと高回転を多様したくなります。。。ハッキリ言って危ないですw

まぁ細かな検証は後々も続けるとして、簡単な結論としてはこんな感じです。
ただエンジンの仕様や個人の好みによって結構違ってくると思いますんで
当然全ての車両がこの通りってことはありえません。

ウチとしては両者の比較してみて、差はハッキリと感じました。

他にも色々気になったとこがあります。
・レデューサーから出てくるエアの方が、NAGよりも圧が小さい。
・両者とも少なからず水が溜まる(オイル乳化の原因)
・装着する箇所が遠いと効果は違う?
・キャッチタンク前とキャッチタンク後では効果は違う?
・2箇所ってどうよ?連動すんの?

レデューサーに関して、シングル・ツイン・クワッドとありますが
個人的にはツインが一番良いと思います。
効率的に処理するならクワッドの方が良いんじゃね?って思う節もありますが
ある対策でクワッドレベルの処理能力は不要となると考えてます。
んじゃ値段も安いしツインが良いってね。

あとリードバルブはやっぱり.03が良いんだけどな~。。。
クワッド入れるくらいなら.03のリード入れたいです。

現状SRだと破損報告が入ってるんで

このへんもある対策で対応出来るんじゃないかなとの目論見も。。。

まぁ他にも色々あるんだけど、あんま欲張ると延々テストする事になるんでw

とりあえず持論みたいなモンはある程度固まってるんですが
何せ文章にすると面倒すぎるんで、聞きたいって人は直接聞いてくださいw

と言うワケで今後NAGのテストはしませんのであしからず。

って

結構適当じゃね?

文章って面ど・・・難しいわ~

まぁウンチク書いてるけど、結局のところ

『とりあえず装着してみて、効果体感出来ればそれで良いじゃん!』

ってことでOK?w

かなり昔に付けた私(NARI)の過去日記より

早速テストにナプース→しのくんの店と軽く1.5時間走行コース行ってきました

装着は簡単 
ブロバイのホースの間に咬ますだけ

青服もいっぱい出ていたので「ジェントル」に運転
(停められるとやっかいな事になりそうなBikeだからね)

感想
エンジンブレーキのギクシャクがかなり軽減されているのは、すぐに体感できました
ほぉぉ 街は乗りやすいかもね 
ダン!(シフトダウンね)→ガン!(エンブレね)がマイルドな感じ

あえてHPなどの前情報は見ないで取り付けてのインプレです

シングルの醍醐味が薄れるじゃん? そんな意見もございましょう
まー個人の考え方で 「俺は好き」 

停車後エンジンの熱が冷めるのが遅いのは気のせい?

JUN君のインプレです

先日の有峰ツーの時にレデューサーを装着して行ったんですが、その時の記事には敢えてふれませんでした。。なので・・・

レデューサーについて。

・・・はい・・今さらです。もう色んな方が細かく検証なさってたり、ダブルで装着なさってたり、もはや自分が書けることはないので・・・だから「感想」ですw 短いですww

まずはエンジン始動後、レデューサーの音って結構目立ちますよね。実際乗り出してからも分かる位です。落としたらすぐに分かりますね。。

んで、走り出すと・・・思わず笑っちゃいました。。「エンブレ、効かねぇ~www」
全く効かない訳ではないんですが、明らかに緩和されてます。これは街乗りだと身体にくる負担が少し軽くなりますね。・・・そういう効果は狙ってないんでしょうが。。

そして徐々に速度を上げていきます。ここでもハッキリ体感出来ました。今までよりもスムーズに回転があがります。ストレスが無い感じです。レスポンスだけだと割と低い回転の時に同じように感じましたが、レデューサーを付けると高回転域に入ってもスムーズに回ってくれます。

段々調子に乗ってきました。。出来るだけ引っ張ってみます。気付くと「ぬおわ~!!」って感じになってましたww 

ここまでの速度は今まででも出るんですが、そこへ行くまでの到達時間がハッキリと短くなってます。これはすごいですね!パワーが上がっている訳ではないのですが、そう錯覚してしまうくらいの回転上昇にびっくりしました。。もう少し回せそうだったんですが、ここは大人の常識でこの辺で止めておきますww

結論:面白い!! 以上ですwww

あとは取り付け位置を色々変えてみようかなと思ってます。(今はオイルキャッチタンクより後ろに設置)推奨はエンジンにより近い位置とのことなのでレスポンスのすぐ後ろになりますかねぇ。
でもそれだと・・・サイドカバーで見えない!う~ん・・悩ましい・・・w

「うんこ号」でおなじみ、もちょい君のインプレです


肝心の『うんこ号』ですが、やはり『うんこマフラー』が接地しました。
マエカワエンジニアリングのレデューサーを装着後、初めてのスポーツ走行だったのですが、
コーナー手前でシフトダウン後、絶妙なエンブレになったおかげで適切なスピードでコーナーに入れるようになったようなのです。
いままでは かなり攻めた様な気でいましたが、ビッグシングル特有の「強烈なエンジンブレーキ」で、思いのほかスピードが落ちていたんですね。
その結果、コーナースピードが落ち、バンク角も浅かったのでしょう。
それが、レデューサーを装着後、コーナリングスピードが、知らず知らずのうちに上がっていて、深くバンクさせないと、曲がらない。
結果、『うんこマフラー』が接地する!という事態に陥りました。

適切なエンジンマネージメントをしてくれる「レデューサー」が悪いのか?
深くバンクさせると接地する『うんこマフラー』が悪いのか?

もちろん後者ですね‥‥‥。すいません

この記事のURL: http://blogs.yahoo.co.jp/mochoi0922/61587224.html

鉄馬君のインプレです

レデューサーを装着して数日日が経ちました。
つけてすぐの効果が出るのかと思っていたら
装着してすぐはあれ?って感じだった。

ある程度走っているとレデューサー無しの時との効果は全く
違ってきた。
(マエカワエンジニアリングに問い合わせたら購入したて新品は
リードバルブがスムーズに動くまで慣らし的なもので3時間くらい
走ると正常の性能が出ると言われた)

まず【エンブレ】
内圧コントロールバルブということでバックトルクがすごく
なめらかになってた。
けしてエンブレが効かない訳ではない。

むしろ「ガツン」って効くエンブレが「グゥゥ~」って
効いてきて扱いやすい。

シフトダウンの時のエンブレは効くけどアクセルOFFの時の
エンブレはほとんど効かない感じがした。

次に【高回転の伸び】
これはかなりの違いが出たね。6000回転からの伸びが
かなりいい。
SRは高回転のもたつきが走っているとすごく気になる
点のひとつだ。
ぼくのSRはリミッターが効いてしまって7000で回転が止まる
のでレデューサーのおいしいというかここからだっていう時に
リミッターに邪魔される・・・。

SRらしい「ドコドコ」というトルクのある感じがレデューサー装着
するとエンジンが滑らかになるためシングルらしさは消えるのかな?
ぼくはまわして走りたい人だからレデューサー無しの時の高回転での
「ブルブル」「ビリビリ」くるエンジンの振動が少なくなって
よかった。

一見スーッと走るのでパワーダウンしたと思う人もいるかも
しれないですかタコメーター&スピードメーターの動きが
あきらか暴れてます。(笑)

走りにどんな影響が出るのか見たくて東京だと街乗りレベルでしか
走れないので地元新潟のホームコースに行き走ってきました。

高速コーナーではアクセルOFFがスムーズな為回転が落ちなくて
Fブレーキ「ちょん」で突っ込めたので2ストの時バリに走れてる
感じがした。

1番違いが出たのがタイトな連続コーナー。
これはシフトダウン、F・Rブレーキ、切り返しの体重移動など
一瞬でたくさんのことしなきゃいけないのですがコーナー進入の
時レデューサー無しの時シフトダウンの時の車体のブレが出すぎる
為ブレーキポイントをかなり手前に引いてブレを抑えて進入みたいな
感じだったのが素直に入れたからスピードは乗るしブレが出ないから
アクセル廻せるし車体はアウトステップのみで抑えられ確実に
安全で速い。ブレがなくなるだけでサスの動きがよくわかるということ
に連動してタイヤのねじれが読めるから理想の走りができて
非常に楽しいね。

なかなか文章だと言い表すのは難しいけど
結論はすごくいいということ。(笑)

ただし、高回転廻さない人やしっかり走れない人には
もったいないね。
サーキットや高速コーナーやタイトコーナーの入り混じった
峠に行かないともったいない。

かっこいいし性能いいし購入してよかった。

KINGさんのインプレです

レデューサーをつけておよそ1週間くらいでしょうか。
日に日に、魔笛と呼ばれる底力を感じております。

未だに「何でこんな小さい部品がこれだけの違いを出せるんだ?」と信じられないのですが…

さてさて、昨日はちょいと高速を走ってみたくなりました。
高速走るとどうなのかって、自分なりに検証してみたかったからです。

八王子バイパスで軽く飛ばしていると、覆面に捕まったビクスクが路肩に停まってました。

ここ覆面多いんですよね

R16をしばらく流しながら、無料のくせに高速道路みたいな保土ヶ谷バイパスに突入。

相変わらず素晴らしい吹けあがりに感動し、メーターを見るとあっという間にぬうわkm。

おかしいな…
いつも、ぬうわkmあたりって、もう少しエンジンが唸りをあげて余裕なくなってきているはずなんだけど…

この間の夜会の帰りに高速を使いましたが、ここまで余裕なかったんです。寒すぎと眠すぎで、人間にも余裕がありませんでしたが

でも、アクセル開けるとまだまだ加速するんです。

しまいには風圧に負けて、アクセル戻す始末。

ヘタレです。

ぬうわkm前後で5速6000回転くらいです。多分。

保土ヶ谷バイパスを抜け、もう少し回してみたいと思い、第三京浜に入りました。

ん~、よく回るなぁ…
キャブもいい感じ。

主に低中速域に効果を発揮しているのかと思ってましたが、どうやら高速域にもかなりの威力を発揮しているのではと思いました。ストレスなく回っている気がします。

コメントする

最近のブログ記事

SR NIGHT 17th
SR NIGHT 、年内最後の開催です。…
東海SRナイト vol.10
SRナイト★パート10 1億2千万人の…
SRバトン 関西22人目  ラングリーです
はじめまして。SRバトン 関西21人目の…
無料アクセス解析 ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ...