2010年9月アーカイブ

数ある内圧コントロールバルブの中でも性能と清掃性ではピカイチです

SingleNuts! では長年のシングルに乗り体験・体感・情報網により

Reducer ツインリードタイプを扱う事にしました

以下 購入された方のインプレになります

いろいろ悩まれている方の参考になれば!
(加筆なし!生の声をどうぞ!)

 

ブローバイホース内径10Φ~14Φに対応

2輪車及び軽自動車にお勧めです。
*********************
クランクケース減圧バルブ:レデューサー(Crank Case Pressure Reducing Valve:Reducer)の概要と装着メリット

 レシプロエンジンのクランクケース内では、燃焼行程の際にどうしても不燃焼ガス(通称:ブローバイガス)も発生します。本製品はこのブローバイガスを適正にマネージメントする働きをし、この結果、燃費や出力の向上という効能をもたらします。

 本製品はクランク脈動に呼応して開閉するバルブを持つ、1WAY(一方通行)方式のバルブです。従来から存在したスライドバルブ方式とは異なる、リードバルブ方式を採用した画期的なアイテムです。

 インストール(装着)が容易であり、しかもエンジン自体には負荷をかけず、負荷を取り除くことにより効能を発揮するアイテムですので、エンジン自体を労わることができます。

・アクセルワークにより「燃費」「出力」のいずれかに振り分けた効能につなげることが可能(データ計・測・立証済)
・エンジンブレーキ減少に伴い、アクセルオンオフ時における「ギクシャク感」の軽減
・「シフトショック」の軽減
・「エンジン振動」の軽減
・「エンジンオイル劣化」の軽減
・エンジン内部圧力マネージメントに伴う「エンジン耐久性」の向上(ロングライフ化)

引用終了

こちらTAMA SPEED チタンフルエキゾーストシステム

筑波サーキットで行われている「フロンティアクラス」用マフラーです

音量99db 対応品

 「てっちゃん」のライディングで脅威のタイム 優勝を遂げ いまや最速マフラーかと

TAMA SPEED マフラーはレース専用として、性能・機能を追求

受注生産ということもあり、結構・・・常に進化しております
初期/装着の感じ・・・ やっぱり音量対策でサイレンサーが大きいです

やはりチタン素材、軽さ・性能ともレーシングマフラーとして価格以上の物ではないでしょうか?

数多く作ることが出来ません

受注いただいて約1ヶ月ほどお時間を頂きます

●フロンティアクラス 音量99デシベル
ノーマルシングルクラス 音量105デシベル 対応サイレンサー
ご確認のうえご注文お願いいたします

SRX バトン 14人目 産廃です。

| コメント(0) | トラックバック(0)
サイト内に個人ページをいただきながら、そっちを更新せずにバトンをいただき、しかも放置しました。本当にすみません(涙) ススムさんからいただきました。

さて。
自分のSRXは、09年の初冬より、レンタル倉庫の中にて静かに眠っています。倉庫に入れてしばらくは、独りで倉庫に行くことができませんでした。それは、闘い半ばでヒザをつき、倒れてしまった戦友の死体を倉庫にぶち込んで鍵をかけている気分とでも言えばいいでしょうか。今もSRXのことを考えるのは、実はかなり精神的体力のいる話で、ほんとに辛いんです。

自分は06年の1月からツインショックのSRX6を競技ジムカーナのレースに持ち込み、当時も今も競技の上位を占めるNSRや最新のモタードにガチでケンカ売ろうと頑張って来ました。書けるリザルトとしては、同06年9月にC2シード昇格、その12ヵ月後にC1シード昇格で、競技界全体で考えてもスピード昇格だったと思いますし、ライバルのスポーツ車両を文字通りの旧車で薙ぎ倒して突き進む快感は他では得られぬ喜びだったように思います。

IMAGE000.jpg

同じSRXでのライバル選手の出現を望みつつ、車体の限界と戦いつつ、そこから09年10月まで同クラスで参戦し続けましたが、リザルトを優先するために、この戦友を捨て、現在は「別の茨の道」を進みつつ競技生活を継続させています。

思えば凄まじい消耗戦だったと思います。ジムカーナ競技とはテクニカル競技である点でトライアルや競技エクストリームと似ている部分があり、ガンガン上のシードクラスに上がる選手は毎週末どころか平日も練習をするのが通例です。自分も平日2~3回(各2時間ほど)、毎週末の練習を詰め込んでリザルトを残してきたわけですが、この競技生活でフレーム2本、エンジンは5機を消耗しました。
毎年エンジンをクランクから組んでもらうのは当然のこと。年間公式戦で10戦、非公式4戦というレースペースの中、何かが怪しいと思えばすぐヘッドを開け、エンジンを組むたびに他の選手が練習をしているのを見て内心泣きながらキャブセッティングをし(大抵半月以上はまともに走れず)。メンテナンスサイクルとしてはクラッチASSYを1~2ヶ月で交換、EGオイルは3~4週間、フォークも1ヶ月でOH、リアショックは5~6ヶ月とまあ、競技をしてるのか環境破壊をしてるのかわからないもので、当然タイヤはプロダクションレースタイヤを年間最低でも7セット......。

IMAGE001.jpg

結局最終的には前後ショックともワンオフ、ホイールも前後NSRになっちゃいました。

当たり前の話ですが、現在レーサーエンジンを使ったspマシンで参戦していて、あまりのメンテナンスサイクルの差にたるみまくっています。やはり80年代の車両を現代の車両と対等に戦わせようとしたら、破壊との闘いになるんだなあと。

そこまでしても競技を継続したのは意地もありますが、SRXが好きだったからです。産廃号を見たことのある方はその汚さに絶句された方も多いと思いますが、アレはすべて名誉の刀傷です。誰にも文句など言われたくない、俺の誇りです。

今はSRXと走った熱すぎる全力疾走の日々の記憶が強烈すぎて、まだ倉庫からSRXを出すことができません。ちょっとしたPTSDですな。新しい戦闘機も開発が一年越しになり、イニシャル投資がまだ済んでいないので、公道仕様に戻すのはまだまだ先になりそうです。

再びSRXに火を入れ、またがった時、俺はどんなことを思うんだろう。一時期は、ガチガチに本気の競技以外でSRXを使うぐらいなら、もう燃やすか港から海に蹴り落としたほうがいいっていうぐらいの心境でした。SRXという、競技の世界で言えば単なる包丁を、研ぎ澄まし研ぎ澄まし、日本刀とバチバチにやりあった。その鍛え上げられた包丁を、とんとんネギを刻むような使いかたをしたくなかったんです。

そもそもSRXを好きになった理由、あの艶かしく細い車体の宝玉のような美しさ、太いトルクでグイグイと伸びる車速の快感。すべては競技人生が一段落(具体的にはもう一つ上のシードクラスで表彰台常連になること)したあとの、最高のデザートとして残しておきたいと、今は思っています。

そんな気持ちになれる日が来ればいいな。そのためには、まずは目の前の競技で勝つこと! SRXに乗るために、競技で勝っていこうと思うと、目標が一つ増えるような気がします。

微妙に痛々しい記事で申し訳ないです。
お次のバトンは、ニキさんにお願いしようと思います♪

みなさんこんにちわ!

なんだかmiss jank氏に振られて訳もわからず書いております大阪のミケコと申します。

 

愛車は94年式のSR。「NICE TRIP 号」(通称キノコ号)と呼んでいます。

 200909211540000.jpg

免許を取ったのはかれこれ7年前(歳とる訳だω)。

子供の時からずっとバイクに乗りたかったんですが、両親からは「親の金使ってるうちは許さん」と

言われていました。

大学を卒業して、正社員で就職して、経済的に自立して、やっと教習所に通い始めました。

 

最初は憧ればかりでバイクの事を何も知らず、原付さえ乗ったことなかった私です。

SRを選んだのも「中免なんだから400に乗ろう」「重い太いのはイヤ」「古い形が好き」という理由で

カスタムという言葉さえ知りませんでした。

 

免許を取る前に中古で購入しちゃったSR。来た時はトラッカー風カスタムでした。

それを一旦全てノーマルパーツに戻してもらい、タンクもオリジナルカラーで塗ってもらい、

会社→教習所→バイク屋でキック練習 という日々を送りやっと自分のものになったので、

愛着もひとしおなのです。

 

友人の家が京都の今は亡きSRショップの近所だったり、前の職場が関空近くのSRショップの

超近所だったり、偶然か必然かが重なってどんどん知識がついて色々やってていい気になって、

調子こいてぶっ飛んでついでに前歯もぶっ飛ばしたりしつつ、今の形になりました。

 

今はまったりゆっくりぼちぼち走っています。

走行距離は現在65000キロちょい。10万キロいけるかな??

結婚した相手はバイクに乗らないので、最近特に「大人のバイク乗りとしての責任」について

考えるようになりました。

 

見栄や値段よりも「自分のものかどうか」を大切にしたいと思っています。

 

田舎道を季節を感じながらトコトコ走り、美味しいものを食べるのが好きです。

 

バイク「も」ある人生を楽しみたいと思います。

 

 

サテサテ!次は誰か女の子を...と思いましたがそういやSR乗りの女友達いないので(涙)、

ニクイシブイカスタムの旅人、チラカシ皇子!お願いしま~す(・ω・)ノ!!

出版社モーターマガジン社の雑誌「GOGGLE」(ゴーグル)とのコラボ企画で、
「SRカフェ」が期間限定で開店しています。場所はセレブな街「銀座」です。

【期 間】
2010年9月17日(金)~10月2日(土)の12日間の限定です!

このSR波に乗って、出るような気もしていましたが、ついに出ちゃいました。
「YAMAHA SR × GOGGLE CAFE」すごいですね!
個人的には永続して開店してほしいところですが、中々難しいようです。(銀座)

画像でも分かるとおり、"男の隠れ家"的な雰囲気ですね。
お店の中にはSRの展示とSRに関するモノで飾られているようです。

「又、愛車の写真や、大切な写真ならばそのコピーを持ち寄ってメッセージと共に
ボードに貼り、期間中に訪れる人と静かなる交流を深めてもらおうというもの。
自分のSR車両のスナップ写真を持参すると、来店記念としての非売品のSRオリジナル
ピンズを貰える。」との事です!(必見)

※お店には2輪・4輪共に駐車場はありませんので、最寄のコインパーキングを御利用下さい。

***GOGGLE CAFE***
http://www.gogglecafe.com/

住所:東京都中央区銀座8-11-9 地下1階
TEL:050-5537-9788
営業時間:12:00~15:00(ラストオーダーは14:30)
       17:00~2:00
定休日:日曜、祝日(ランチは平日のみ実施)

***会計より10%安くなるクーポンはこちらです***
http://cafe.webike.net/goggle/

以 上

初めまして11人目のスーパーヒロユキマンさんからバトンが回ってきたので何もわかってませんが、SRに乗っています。miss jankと申します。

03年式の青いノーマルですが嫁さんの目を気にしながらちょこちょこカスタム・メンテをしてマイペースで楽しんでいます。

 

SRを選んだきっかけは・・・初めは青いSRがあることすら知らず、たまたま店頭で見かけた青いSRに一目惚れし購入!(ほんとにバイク全般的に知識なかったんで・・・)

それからは近所を走り回っていたんですが、SRの専門店(某ショップB)を見つけて他のSR乗りさんと出会い、カフェスタイルに向かってちょこちょこいじり始めました。

昔の写真がないのでアップ出来ませんが、現在の姿です。

CIMG1830.JPGSRに出会ってからミーティングやらツーリングやらSHOPさん色々な事に出会えた気がします。

道ですれ違う知らない者同士でも'SR'ってだけで会釈したり、会話が広がったりと個性豊かないいバイクで選んで良かったな~って思います。

結婚しやんちゃな姫が2人居るので、なかなかカスタムやらは進んでいませんが出来るなら純正のままでちょこちょことカスタムして娘が大きくなった時に乗るか乗らないかはわかりませんが、親子2代で乗れるよう大切に付き合って行きたいと思ってます!

 

ど素人ですが色々なミーティングなどに参加してたりしますんで、会ったら声かけてやって下さい!

まじまじバイク見て勉強してると思うんで!

 

短いですがこの辺で・・・。

 

さてさて次はきのこがトレードマークの猫やらなんやら、かっこいいお姉さん!

ミケ姉さんに乞うご期待!!

さて本日のご紹介商品は
Hyper Ignition Reader  略して「HIR」

トレーディングガレージ ナカガワさん(忍者等でおなじみの)
掻い摘んで書くとSPⅡよりお利口さん
最初に3パターンが入力済み
(ストリート・カスタム・サーキットみたいに)
追加でオリジナルのマッブも書けるみたいです
WindowsXPのパソコンあれば別売のCDで自分だけの点火マップを弄れちゃいます。
(リアルタイムに純正点火マップを確認出来、保存及び照会も出来る)

要するに、中間の谷とかパソコンで自分で修正できちゃうのね

違いは開発にもありまして
卓上で電圧抵抗だけで組む

シャシダイにてテスト車両を数台でデータ取りマップ作るの差
(負荷かけてのデータ)


コイルはどうするのか?
ウオタニのコイルも使えます
純正のコイルも使えます
※抵抗が違うから事前に言ってね
※後から抵抗数値の変更も出来る(ウオタニ純正)


てなモンなんすけど
皆様興味ありますかね?
反響が多ければ作るのもやぶさかではない・・・みたいな
(価格も反応しだいで・・・ねぇ ニヤリ)
※この告知はナカガワ社長の許可を得て書いております

1[1].jpg


<引用開始>
Hyper Ignition Reader
エンジンポテンシャルを100%引き出す為の「点火コントロールユニット」が遂に登場。
従来ノーマルエンジンを「基本」としてコントロールしている「純正の点火マップ」は、
「ノーマルエンジンの為のマッピング」であり「マフラー・キャブレター・その他エンジン内部」をモディファイされたマシンに対しては「決してベストな点火マップ」とは言えません。
「Hyper Ignition Reader」は「エンジンチューナーが様々な仕様を想定し、エンジンポテンシャルを100%引出す為の3パターンを初期設定で入力済。」 更に別売の「Readerkit」を活用頂けば 「パソコン」でオーナー自身が「純正マップを読み取り設定を変更!
マシンにベストなマップ設定が 可能となります。」   
「HIR」は今までにはなかった画期的な点火ユニットなのです。
:主な仕様:
・純正ハーネス無加工で「カプラーオン装着」
(純正イグナイターは使用しません。)
・初期設定の段階で「3パターン」入力済
・レブリミットは10パターン入力済
・点火マップ&リブリミットはチャンネルにて変更
・本体サイズ 82mm×60mm×22mm
・スピードリミッターは解除されます。
※以下より「Reader」kit設定時(パソコン使用)
・リアルタイムに純正点火マップを確認出来
保存及び照合も出来る。
・任意の点火ポイントを「1チャンネルで16ポイント
の変化点持つ事が出来る。(回転及び進角/遅角)
・レブリミット回転数を更に細かくセットアップ出来る
・国内製造品です。
<引用終了>

魚谷が休止状態の今 これしかない?
ユーザーの感想などナカガワさんのHPをご覧くださいませ 。

 

正直、価格や製品化のGo!は現時点で決まっておりません
「反響があれば!」との事ですので 買う!買わない!は置いといて

ナカガワさんを動かす「製品化希望!」のユーザーの声を頂ければと思います
(βボルトの時みたいに「声の1票!」よろしくお願いします)

mixiのハンドルネームをもっとちゃんとつければ良かったと後悔してるチラ美んです・・・

はじめましてこん○○は!

 

SRで5分(?!)の距離にお住まいの夢々さんからバトンいただきました~

バイクの免許を取ってまだ3カ月も経ってないのに

バトンなんてもらって良いのか?!

と戸惑いながらも受け取ってしまいました・・・

 

 

初めてバイクの免許を取りたいと思ったのはまだ高校生のころ

母親に「アンタは死ぬからダメー」と言われ

「お兄ちゃんは良くてわたしはダメなんておかしいーーー」と抵抗するも断念

 

月日は流れ

母は40代の若さで亡くなり

超心配性なパートナーと離婚をし晴れて自由の身に・・・・

ふと思い出す

 

あたしバイクに乗りたかったんだ!

今がチャ~ンス♪

 

家族には内緒で教習所に通い始めました

 

でもバイクは

真夏は暑くて乗らない

真冬は寒くて乗らない

メンテめんどくさい

バイクはレンタルすれば良い!

と思ってました

 

・・・・が

 

出会ってしまったんですSRに

キックオンリーだなんて なんてカッコイイんだろうから始まり

中古車情報をSRで検索しまくる

1台のSRに目がとまり

お店に電話

キックさせてもらいに行って来ました~

 

エンジンがかかったSRにまたがった瞬間

心は決まってしまいました( ̄ー ̄)

 

結局免許取るよりも先にバイク買ってしまいました~

 

バイク買って

SRを買って本当に良かった~

 

真夏は汗だくになりながらも楽しくバイクに乗れたので

真冬も寒さに負けず楽しくバイクに乗れたら良いなぁ~♪

 

人生あっと言う間

したいことはやれるうちになんでもやっておかないと!!!

今を一生懸命に♪

020.jpg

次は

バイクに乗るよりカスタムするのが好き♪

エアSR乗りと言う噂まである風来坊さん!

 

よろしくお願いしまーす♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9/5に行われましたツーリング 34台集まりまして御参加して頂いた皆様
ありがとうございました

今後もいろいろ企画していきたいと思っておりますので是非よろしくお願いします
どんな内容? 
速くないとダメなんでしょ? 
凄いカスタムしてないと・・・   そんな事はありませんよ
「楽しくシングルのWAが広がる」事が大切なんです

以下参加された皆さんの記事になります 是非ごらんください
そして次回 参加してもらえたらと思います

たいたんさん
http://ameblo.jp/taitan-sr400/theme-10022562270.html

まーくん
http://ameblo.jp/masaomi-kawamura/entry-10641041430.html

きのっぴさん
http://blog.livedoor.jp/kinopon/archives/51817261.html
http://blog.livedoor.jp/kinopon/archives/51818386.html

テツさん
http://ameblo.jp/nippo123/entry-10641404860.html

グルメ王さん
http://blogs.yahoo.co.jp/fax7376/19070816.html
動画
http://www.progress-ashikaga.com/sr-project0905.html

NARI
http://srx250.blog53.fc2.com/blog-entry-131.html

こちらを、ご覧の皆様コンニチハ!

初めて、お邪魔いたします。

なかなかパソコンとネットを繋げられない"夢々"と申します。

バトンを繋いでくれた、たいたんサンとは

一緒にSRを走らせながら綺麗な富士山を見れたり、

お互い道に迷っていたときにバッタリ出会ったり。

その上、時にエンジン始動やチョットした、さりげない気遣いをくれる人。

そのたいたんサンから戴いたバトンを今回で終わらせるわけには参りません!!

ということで、全力の頑張りにて記事UPを務めさせて頂きます☆

どうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

 まずは、最初の思い出から・・・。

 

 

 

1.出会い

  18才の時、教習所に通い始めた友人達に影響され

  私も車の運転に興味を持ちました。

  しかしながら当時、自動車教習を受講するには私の資金では足りず、

  けれど、どうしてもそこでの体験を得たくて

  私は中型二輪教習を選択することにしました。

 

  そして、免許取得後のファーストバイクはHONDA GB 400!

  立体的な翼のエンブレムが気に入り新車で購入しました。

  しかし一番の決め手となったのは昔、教えて貰った父の言葉

  「単気筒だから単車と呼ばれた。」

  こんな訳で私はメデたく空冷単車乗りとなりました。

 

  それから2年後、職場の先輩から

  「SR400の1000台限定車ミヤビマルーンをお揃いで買おう!」

                             (500は500台ね)

  という話しを持ち掛けられました。

 

  その機会に加え購入当初から抱いていたGBの不具合や、

  また学生時代、先輩に語られた

  「本物の単車はSRだ!」

  の記憶も重なって、SRへの乗り換えを決断しました。

 

 

2.別れ

  先輩と共にスタートさせた LIMITED EDITION の SR

  3年が経った頃、先輩は私にSRを託し花嫁さんとなりました。

  しばらく私は同じSRを2台所有していましたが

  もともとのSRを手放し、先輩のSRと私はまた走りだしました。

  それから2年が過ぎ、私も新しい命との生活を大切にする為、

  「オートバイを大切にしてくれる人」

  そう思える方にSRをお譲りしました。

 

 

3.再会

  月日が流れ、私に再びSRを駆る転機が訪れました。

  「それでは・・・。」と以前SRとの別れ際に決めていた

  「次乗るときはSR500!!」の想いを果たす事に。

 

  さてさて、そこで久々にモーター業界に目を向けてみると!?

  10年前とは少し変わっていました。

  バイク離れや環境問題などから私の狙う500ccは

  残念なことに既に廃盤となっていました。

  絶版車両は中古車ながら高値となってしまうので

  「だったら自分で作ろう!!」

  とSR復活計画と題し実行。

 

  そんな中、ラッキーだったのは自動車学校での大型二輪教習が

  開始されていた事でした。

  それならばと私は6カ月かけ卒業し、同様に

  SRの部品集めや組付け作業にも半年の歳月を費やしました。

 

  やっとの想いで自分好みで安いけど素敵な

  SR500が完成し、公道デビューを飾りました。

 

 

4.夢

  実は今回のSR復活計画は息子との約束がキッカケと

  なって始まったのでした。

  それは、創ったSRで二人乗りをする事・・・。

  先日、宮々瀬までタンデムツーリングに行き、

  その約束も守れ、この夢も叶いました、

  (厳密には大黒PAまで。でしたので、まだ夢半ばか・・・なぁ?)

 

  残るは・・・。

  様々なライダーが集う聖地、北海道に行き自分磨きをした後

  未だ足を踏み入れずにいる沖縄へも挑みたいと思っています。

  (もち、黒キティちゃんの着ぐるみを身に纏って・・・。)

 

 

 

 ここで、最後にひとり言・・・。

 

 

 

5.オマケ

  どんな想い出も

  「昔を忘れずにいよう」

  と、気付かせてくれる存在。

  それが、今の

  「My SR」

  となった。

 

 

 

それでは、次の28番目のバトンを受け取ってくれる人物

その方は・・・。

バトンタッチ先が見つかります様にと強く望んでいた私の

前に現れた救世主。  チラ美んサンです♪

引き受けてくれて本当にありがとう。

 

それとゴーストライターのP太サンありがとう。

 

091201_1955_01.jpgのサムネール画像

誰からともなく言い出す「夜会」開催のお知らせです!!
ネット上だけではわからないリアルなシングルバイクを見たり、
実際にオーナーとコミュニュケーションを取る事が出来る
良い機会だと思います。
例の如く、自由参加ですので、是非御暇な方は足を運ばれて
如何でしょうか?

今回の開催地はトイレが豪華な新倉PAです。
上下線両方向からの乗り入れが可能なPA(大泉JCT方面、
川口JCT方面)となっています。(交通は便利です)
本線が上を走っている為、ゲリラ雷雨から守ってもらえますが、
話声の音量は少し大きめで話すのが、ポイントとなります。

日時:2010年10月2日(土)20:00集合
   20時からの開催ですが、天候さえよければ3時間くらいは
   誰かしらいます。

場所:新倉PA(東京外環自動車道)

参加:特に参加表明等は不要ですので、どちら様も御誘い合わせの上、
   御自由に御参加下さい。

***注意***
※1 PAは本線の下にある為、過剰なマフラーの空ぶかし等は近隣住民の
  方のご迷惑となる為、基本ジェントルな対応でお願いします。

※2 当日正午のヤフー天気予報(横浜)で降水確率が40%以上の場合は中止です。
  (30%なら開催です)

以 上

 

皆様ごきげんよう。

スーパーヒロユキマンと申します。
 
聞きなれない名前かもしれませんが、ただのミクシーネームです
 
実名は新田と申します。
 
 
 
元々SRに乗りはじめたのは、20歳の時に友人のSRを買ったことからはじまり
 
それ以来、13年間乗り続けています。
 
最初はノーマルベースでセパハンにしていた時代もありました
 
 
 
 
キャブを換え、エアクリを取っ払い、チェーンを換え
 
足回り、マフラー、エンジンと・・気が付けば10年たち・・。
 
 
 
 えらいことになっていました・・。
 
 
SRの仲間がはじめて出来たのは
 
インターネットがまだそれほど普及していなかったころに
 
小さな私的なHPに自分のSRを載せていました。
 
 
それを見た他のサイトの管理者で六甲山にツーリングに行きませんかと誘われていったのが
 
 
rgm03.jpg
 
まだデジカメが10万円とかの時代に撮った画像です。
 
この時に出会ったイデノ君と出会い
 
夏場の夜に都会の片隅でチョコッとバイクで集まって
 
缶コーヒーでも飲みながらSR談義で盛り上がればいいなぁという会話から始まり
 
全国初でインターネットで不特定多数の方が参加するイベントが
 
俗に言う「夜ミー」です。イベントには六甲で知り合った
 
野城氏、シン氏の協力もあり
 
多い時は西梅田の公園に30台ものSRが集まりました。
 
ヤマジ氏ともこの時初めてお会いしました。
 
 
数年後、関東でも夜ミー的なイベントが開催されるようになり
 
出張で東京に行った際には、転勤したシン氏の協力もあり
 
関東夜会、関東昼会にも顔を出すことも出来ました。
 
 
その後、IOAなどの設立やYAMAHAのSRのイベントなどが
 
頻繁に開かれるようになり、騒音や場所の問題もあり
 
夜ミーも幕を降ろす事になりました。
 
 
 
SRの出会いのきっかけになったホームページはエンジンの中身などを
 
掲載したりして、ヤフーにも登録される優良サイトになりました。
 
 
現在は転職して、ハーレーダビッドソンのメカニックとして働き
 
さらに卓越した技術をもってSRと付き合っていきたいです
 
 
 
 
 
次は、最近であった新星、「miss jank」さん、よろしくお願いします。


532659_406767522_1large.jpg18番、、香川県から来ました あーー です

1971年4月生まれの39歳 いわゆる「ええ歳したおっさん」です

SRに乗り出してまだ1年半位ですが、素晴らしい環境のおかげで妄想と現実の世界を行き来しております。

中学生時代はバリバリ伝説の影響でレーサーレプリカが欲しかったですが、免許を取り専門学校で大阪にいる頃には、ハーレーが欲しくなってまして、バイトしてホンダのスティード買ってマフラーとウィンカーだけ変えて乗ってました。その後、結局物足りなくなり新車の883スポーツスターに買い替えたものの滅多に乗らずに物置に置きっぱなしにしてしまい(新車が初めてで、雨の日も乗れませんでしたora)バックステップ、マフラー、シートなど弄って、たまに眺めてニヤニヤして結局、1年位で売ってしまいました。(持っときゃよかった)

その後、TW、TDRを各1年位乗って(どれも通勤用)26歳位から35歳位まではバイク持ってませんでした

バイクが復活するきっかけは近所の人からKSR502stを購入し、山道を1人で走ったりするうちにFTRに乗ってた「ふーちん」に250CCを勧められ、たまたま近所の大学生が乗ってたグラトラビッグボーイを購入、このころ初めてふーちんと淡路島にて関西の皆さん達にお会いする事ができました

しかしそのとき乗った高速道路で250CCの最高速の低さに凹みました

そうこうするうちにふーちんはSR400に買い替え(乗り出しですでに534CC)試乗さしてもらうと、すぐに欲しくなりグラトラ&パーツを叩き売り、SR400(カフェ仕様)購入してしまいましたが、さらにLOOSE MCに出入りする車両をチラ見しているうちにいつのまにか、引き返せない所まで来ていました

SRを取り巻く人達はおもしろい人ばかりで楽しいです。

 

またどこかでお会いできることがあると思いますが、その時は是非お気軽に声かけてくださいねー

532659_406767505_1large.jpg 

 

 次は香川SR界の隊長ことCastaさんにバトンを回したいと思います

 

 

皆さん、はじめまして。
愛知のFTR乗り、TONE(とね)と申します。
このタイミングでバトンを受け取ることになり、大変恐縮しておりますが、どうぞよろしくお願い致します。

現在所有しているFTR223はおよそ2年半前に中古で購入したもので、FTR歴としてはまだまだ短いですね。

01.jpg
20歳の頃に雑誌で見た数々のカスタムSRに憧れて中型2輪免許を取得、中古のSR400購入するも1年あまりで事故で廃車(泣)
次は中古屋さんで見つけたカフェレーサー風CB250RS-Zに一目惚れして購入。
しかし車(FIAT500)にハマり乗る機会が少なくなったためにCBは6年くらいで手放しました。
以後ずっとバイクには乗っていなかったんですが、あるとき会社の後輩がバイクを買うというので相談にのっているうちに「またバイクに乗りたいな~」と思い始め、既にFIAT500も手放していたこともあり自分も買うことにしました。
そのバイクが現在所有しているFTR223です。

FTRにした理由はやっぱりトリコカラーのカッコよさですね。
223か250かで少し悩みましたが、街乗りやたまにツーリングに出かけるくらいを想定していたので、中古のタマ数や部品のことを考えて223に決めました。

はじめからある程度カスタムしてあるのを買えば自分で弄ることもないだろうと、ベーツライト、スーパートラップにスカチューンという定番なカスタムがされているものを買ったんですが...
ホントに最初は走らなかった。納車の日の帰り道は乗用車に煽られて、これは原付か?と思いました(笑)
これはバイクのセッティングが出てなかったためで、後日まともに走るようにはなりましたが(笑)

でもFTRは乗りやすいバイクですね。久しぶりのバイクだったんで若干の不安もあったんですが、取り回しも軽いし扱いやすいんで乗ってるのが楽しいですね。

もともと自分では弄る気がなかった訳ですが、だんだんと病気が出てきて(笑)
キャブを換えてみたり外装を換えてみたりと自分流のカスタムが始まりました。

何かカスタムのヒントは無いかとネットを検索するうちに辿り着いたのが、既にこのバトンリレーにも登場されているアッチさんやしのっちさんのHPでした。
しのっちさんのHP、FTR+で長野でFTRが集まるイベントがあることを知り、「なんて楽しそうなイベントなんだ!来年は絶対に参加しよう!!」と思いました。(たしか第4回の長野MTが終わってしばらく経った頃でした)
およそ1年が経って「第5回プチプチMT in 長野」に参加するべくmixiを始めたんですが(長野MTは雨のため断念しましたが)そこから世界が激変しましたね(笑)

03.jpg

mixiを通じて沢山のFTRオーナーの方々と知り合うことができ、色々とお話を聞いたり皆さんのFTRを見ているうちに沢山の刺激をもらって、カスタムも進んで行きました。
今はちょっと小休止してますが、そのうちにまた何かしたくなることでしょう(笑)

しかしいちばん変わったのはミーティングに参加する楽しさを知ったことでしょうか。

最初は若干緊張しましたが、皆さんも気さくな良い方ばかりで話をしていても楽しいですし、何といっても皆がFTRに乗っている、FTRが好きということから生まれる一体感はとても素晴らしいですね。
今では抜け出せなくなってます(笑)

他に興味を引くバイクが全くない訳ではないですが、これからもFTRを手放すことはないでしょう。

02.jpg

色々とあって現在、中部FTRの管理人をやらせてもらっています。
これまで主に関西方面のミーティングに出没をしていましたが、これからは活動の場を広げて行きたいと思います。
そうしてFTR界の盛り上がりに貢献できればと良いな思います。
何処かのイベントで見かけたら気軽に声をかけてみて下さい。きっと喜びますんで(笑)


次のバトンは関東のうめおにぎりさんにお渡しします。




ここでは初めまして。
関西、尼崎の凸と申します。
10年近く前はyamajiと名乗ってました。
紹介者のトヨダ氏からは長老と紹介されましたが、彼とは高校の同級生ですw。

SRに乗り始めたのは、22年前、1988年の夏。
当時はまだレーサーレプリカ全盛期で、私も例に漏れずTZRの初期型に乗っていました。
マンガではバリバリ伝説、あいつとララバイ等が連載中、走り出せば頭の中で「汚れた英雄」のオープニングが鳴り響く、といった感じで速いほうがえらい!といった風潮でしたが、「汚れた英雄」のテーマが災い?し、免停8回ほどくらってそろそろ危ないと感じていた頃にSRと出会いました。

私が手に入れたSRは6年落ち、かなりガタが来ていた物で車両価格はタダ、TZRは車検費用充当といった感じで入手。
当時はSRは人気が無くて、安い値段で購入出来ました。

アルミタンクのBSAレプリカにもあこがれましたが、まだ学生だったので、金もなくしばらく我慢して乗っていました。(当時アルミタンクは20万前後してました。)
で、SRに乗った物のやはり遅さに我慢できず(と言っても当時の400は純正メーター読み160近く出ました)速くしたい・・・。
と、今でもある、某箕面のショップを訪ねます。

そこで言われるがままに、クランク交換と400ピストンと行った仕様のエンジンを組みましたが慣らしが終わるか終わらないかで異音発生。
何とかしてくれとショップに持って行ったらタペット調整もせずに訳のわからない添加剤を入れられる始末。
ここのオリジナルマフラーも中身が3回も抜けてしまい、愛想もつきた頃、このエンジンは終了~~。
今から考えたら、旧型オイルラインのこの年式でオイルポンプ回りの整備は頼んでもしてくれない、アフターファイアーしまくってたのにキャブセッティングもしてくれない・・・駄目じゃん!

で、今度は500の部品取り車を安く購入。
エンジン積み替えて乗ってました。

その頃知り合った友人が働いていたショップに出入りするようになり、ここで作ったレーサーを入手。
500のエンジンもへたり気味+スイングアームのメンテ不足でシャフトが抜けなくなっていたため、外装が欠品していたレーサーと2個1し、1台作りました。
これでエンジンはポッシュが出していた90.25φピストンで540cc、ヨシムラST2カム、足回りはSRX初期型600となりました。

このショップにはさんざんお世話になり、改造のノウハウ、サーキット走行会やTIサーキットで開催されていたモトルネッサンスの2VSクラスにも出場・・・2回出場して1回転倒リタイヤ、2回目は練習走行でエンジンブローでしたが・・・。

この頃、北海道ツーリングにも行き、1ヶ月位、放浪したりもしました。

1.jpg
1993年の写真なのに今とたいして変わらないw
この頃の仕様は、前後SRX初期型の足回りから2型のフロント17インチに変更。
写真はタイヤがもったいないのでリアだけ前のホイルを使用中。
最高速付近でまっすぐ走らなくなって、セッティングに悩んでました。
この頃ワンオフで作ったマフラーが付いてます。
エキパイはいまだに使っています。

キャンプ道具の積み方がかなり乱暴ですがw

この後、FCRやホワイトパワーのリアサスを付けたり、エンジン仕様を最高速を狙ってコスワース90φ+メガサイクル251-62(だったと思う)に変更。
夢のメーター読み200キロを出す・・・と言ってもSRXノーマルメーター180キロ振り切って200キロ位まで行ってたのでだいたい200キロ。
スプロケは17×37でかなりなロング仕様でタコメーターで7000ちょい回っていたので計算上200キロ出ていた・・・かもw

このショップが店を閉めてからは、信頼できるショップに巡り会えず(私がわがまま?)自分でメンテも改造もし始めます。

この後、Web上でHappyManさんに出会う。
SR20周年記念イベントでグランドオーナー賞をいただいた事があったのですが、そのときの写真がホームページに・・・。
びっくりしてメールしてみると、私の隣の3位だった方がHappyManさんでした。
ちなみにその当時の私のSRは14万キロ走行。
でも、いまだにトータル20万キロは行ってないような気が・・・。

HappyManさんからの紹介で、オフ会にも参加。
この頃はシングルバイクの集まりとして関西で「真夜中ミーティング」が盛り上がってました。
主催のスーパーヒロユキマンさん、イデノさん、古くてさん等濃い面々が集まり、私をここに紹介したトヨダ氏もこの頃からBSA-SRに乗り始めました。
NARIさんもこの頃、物欲チャットに出入りしてましたね。

キャンプツーリングも多くなり、リアキャリアも付けっぱなし、アップハンドルにしてみたりとSRはだんだんと訳のわからない仕様になって行き、今に至りますw

数年前には、車検を取るのが面倒になり激安ノーマル400を購入しましたが、やはり我慢できずに半年でカムをノーマルにした前の534ccエンジンに換装、足回りはFZRの2TK+スイングアームSRXに換装、結局、カムもメガサイクルに戻してしまいましたw

いろんな人と出会いの小道具として、そして旅の足として楽しませてくれたSRですが、一生乗る!なんて一度も考えたことがないのにいつの間にか22年のつきあい。

くたびれてボロボロですが、何とか維持できる限り、乗って行きたいと思います。

2.jpg次は、関西でのHPは一番長く更新、「夜ミ」を主催していたスーパーヒロユキマンさん、よろしくお願いします。



無料アクセス解析 ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ...