SRX バトン 12人目 makotoです。

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは、makoto≒McCourtです。

このバトンは初め、ベン太郎さんから受け取ったのですが、
なかなか書けなくてtakaさんに流して貰ったところ、今度はgizmoさんから回ってきましたorz
苦手なんです。ネットバトンて。

g氏:「今、回避しても、結局後で回ってきますよw」

確かにそうかも...。
その度に断る訳にもいかないか...。やれやれ。

---

さて、僕が限定解除して初めに選んだバイクがSRX600のIV型でした。


3sx_01.jpg
・芦ノ湖スカイラインにて。日付が16年前ジャンw


当時はまだ新車で売ってたんです。
車検を通した記憶がないから、二年乗らずに手放したと思う。

僕がライダーとして未熟だったというのも理由のひとつですが、
残念ながらこのマシンのことは、あまり印象に残っていません。
ツーリングで大排気量マルチを駆る友人に付いて行くのが厳しくてTRX850になり、
更に数年後、何故か程度中の下、どノーマルのGSX1100S刀に乗り換えた。

重い車体に遠いハンドル。
まったく以ってやる気のないブレーキと、自己主張が強烈なエンジンを持つイレブン刀は、
どちらかというと、あまり都内の移動に適したバイクではなかった。
(少なくともあの頃の僕にとっては)

刀一台でなんでもこなすのは無理があると感じた僕は、
軽くて扱いやすく、ちょっと変わった面白そうなバイクを捜し始めます。

んで、今はなきClubman誌の個人売買欄で見つけたのが、初期型SRXでした。

本命はBros650だったんですけどねw
タマ数が少なく、あっても予算的に折り合わなくて妥協したって訳www
他の多くのオーナーさんのように、
憧れや羨望を抱いてSRXに関わりを持った訳ではないから、
ちと肩身が狭いかな?

1JK_00.jpg
・まだ純正色だった頃

再びSRX...、それも旧型のキックてどうなのよって気持ちも少なからずありました。
でも、実際に走らせてみると、初期型とIV型は同じ名前のバイクとは思えないほどに印象が異なり、
非常に驚いたことをよく憶えています。

とっつきが良かったですね。
前後18インチの細いバイアスタイアが生み出す、素直で軽快なハンドリング。
いかにもレシプロチックで、心地よい鼓動を伝えるエンジン。
走りのスムーズさとコーナリングポテンシャルでは年式が新しいIV型に軍配が上がるけれど、
操る上での楽しさ、充実感はけして負けていない。
むしろ旧い初期型の方が僕の乗り方に合っていると感じました。

絶対的なスピードを求めるタイプのバイクじゃないから、スペックは気にしなかった。
今どきキック始動てのも、ちょっと面白いかもしれないてなくらいで。

---

当初、SRXはまったくといっていい程、ツーリングに使わなかったです。
完全に街乗り専用のお買い物バイクw

お世話になってるバイク屋はK社の空冷四気筒を得意とするお店だったし、
たまにマルチ勢と一緒に走る機会があっても、
パワー差だけでなく、走りのペースやリズムがずいぶん違っていて、
ストレスが溜まることが多かったから。

それが変わるきっかけは、Club@SRXの存在でした。
クラブとは名ばかりでBBSによる井戸端会議がほぼ活動のすべてなんだけど、
このBBSが全国のSRX乗りたちを繋げていますw

SRX乗りは、デザインとテイストに惚れ込んでオーナーになる人が殆どですが、
実は、走りや弄りに対する拘りもスゴイ。
BBSの膨大な過去ログをちょっとでも参照していただければご理解いただけると思います。
彼らは、惜しみなく、それでいて押し付けでなく、
旧車乗り一年生だった僕に、様々なノウハウを教えてくれました。

hakone_puti.jpg
・man3黎明期の一枚w

やがて、伊豆のワインディングでオフ会が企画されます。
集まったのは、僕も含めて僅か6人。
天気はイマイチでしたが、SRX同士のランデブーは本当に楽しかった。
SRX乗りはフレンドリーな人が多く、一緒に過ごしていて疲れない。
こんな気持ちいい連中と一期一会なんて、勿体ないよ。


「ねえ。これ愉しいから毎月やろうよ。
 毎回コースを考えるのは大変だから、コースもスケジュールも同じで構わない。
 適当に日付だけ決めて、その時々で都合の良いヒトだけ集まって好きに走ればいい。
 伊豆や箱根は何度来ても飽きないし」


箱根man3(monthly)は、こうしてスタートしました。

なんだ。僕の我儘だったんジャンw
始めたときは現在のような大所帯になることも、ここまで長く続くことも、
まるで想像はできなかったけれど。

そらいろ号でソロツーリングってしたことないなあ。未だに。
走るときは、いつもClub@SRXの仲間たちが一緒なんだよね。

---

僕は自分のSRXを「そらいろ号」と呼んでいます。

信号無視で飛び込んできたクルマを避けようとして転び、
タンクが凹んでしまったので、直すついでにこの色に塗り換えました。

s_1JK_02.jpg
・ほぼ現在のスタイルですね

以前から、SRXにはワーゲン・ビートルやFIAT500といった欧州の小型車みたいに、
パステル色のフェミニンなカラーリングが似合うだろうと思っていて、
機会があったらそんなイメージにしたかったんです。
僕という人間を具現化する、やる気が微塵もない色にw

バイク乗りは、"あのマシンに乗っているあの人"という人の憶え方をするので、
地味ながら割と目立つそらいろ号と僕は、セットのイメージが強いみたい。
似合っていると言われるし、本人も割と気に入っています。

これまで、何度か手放そうと考えたこともあったし、
実際に廃車にしていた時期もありました。
しかし、多くの方の手助けのお陰で、どーにかこーにか乗り続けています。
この場を借りて、お世話になった皆さんの優しさに感謝します。

---

さて、次のバトンですが...、
埼玉ガレージ一号店のすすむさん、宜しくお願いいたしますw


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.singlenuts.jp/mt/mt-tb.cgi/166

コメントする

最近のブログ記事

SR NIGHT 17th
SR NIGHT 、年内最後の開催です。…
東海SRナイト vol.10
SRナイト★パート10 1億2千万人の…
SRバトン 関西22人目  ラングリーです
はじめまして。SRバトン 関西21人目の…
無料アクセス解析 ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ...