中国&四国&九州 11人目の"ウッズ"です!

| コメント(1) | トラックバック(0)

SingleNuts!をご覧の皆様、はじめまして♪

大分県でSRに乗っております"ウッズ"と申します!

ちなみに、この記事は誕生日の夜に書きあげておりますw



私とSRとの出会いと泥沼化の歴史です。


中学生の時、何故だか覚えていませんが気が付いたらバイクを好きになっておりまして、

特に好きな車種は無かったけど漠然といつか免許を取って乗りたいなと思ってました。


高校生になるとこれまた何故だか分かりませんが某R/R誌が愛読書になっていて、

影響されてカワサキのZやニンジャのフルカスタムされた車両に憧れていました。


当時はロッカーズブーム全盛期、SRの存在も知ってはいましたが某R/R誌に洗脳されていた為に

4発以外には興味はありませんでした。


ある日、美術の先生とふとした事でバイクの話になり、先生がバイクを4~50台!!所有するマニアと判明。

オススメのバイクを聞いてみると

先生「SRがいいよ、アレはイイ!」

私「ふ~ん。でも、やっぱり4発ですよ!」

みたいな感じのやり取りでした


今になってみると、先生。イイバイクでしたよ!ただ、私のSRを見たらYARISUGIだろっ!って言われそうですが・・・w


で、19歳の時に中免取得。大型を取ってZかニンジャに乗るつもりでしたけど、

それまでのツナギに400のバイクが欲しくなり物色してたら友達の兄貴から乗らなくなったSRがあるから売ろうか?と声が掛かりました。

早速見に行くと94年式の2年半落ち、走行2000キロ弱、外装ピカピカのほぼ純正、車検も1年以上ついて値段は20万とのこと。

当時は相場なんか全然分かってなくただ、値段がお手頃だしツナギとして乗るならSRでも良いかなと思い購入。

今思うと物凄く安く売ってくれたと思います。

これが今乗っているSRとの出会いでした。


で、乗りまわしていると、なんか乗ってて気持ちいいんですよ。

特に4、5速で3000回転ぐらいで走ってる時なんか凄くリラックスした気分になれます。

が!

遅い!ビックリするぐらい。

キャブ交換すればもうちょっと速く走れるだろうと思いFCR41φを投入。


キャブ交換している人なら分かると思いますが、化けました!!


これが、初めての改造でした(外装はフル純正w)

だけど、1箇所弄ったら他とバランスが取れなくなりキャブ交換から半年でディスク化→タイヤをTT100GP→Fバネとリヤサスをホワイトパワーの順で交換・・・

泥沼化の兆候が見えてますw


ある程度走るようになってきた頃、カスタムされたZⅡに乗る先輩と一緒によく峠に行くようになってたんですが、いつもコテンパンにやられてました。

何とかしてやり返したい、でもどうやって・・・・・

私、基本的に練習するより道具でカバーしたくなる人間なので出した答えが

足回りの交換!です。

某R/R誌からの影響も多分にあります。「三つ子の魂百まで」ですねw


都合よくTZR(3MA)の前後足回りを手に入れたんですが、自分では交換できない・・・どうすれば・・・途方に暮れてた時に雑誌で見た新進気鋭のSRショップ、


「デルスラーラ」


載っていたのは前後足回り交換されたSR。場所も福岡県でそう遠くない。

ここしかない!行ってみよう!


本格的な泥沼化の始まりでしたw


ショップに集まってくる濃いSR乗り達に感化され、当初のZかニンジャに乗るという目的はいつしか忘れ去られ、どっぷり肩まで泥沼に・・・w

エンジン、足回り、外装、共に数回ずつ仕様変更しております。

14年の歳月が過ぎた今もチョコチョコ弄っています。

P1000139.JPG














mixiの方で細々と日記を書いていますので宜しければ気軽に絡んでやって下さい。



さて、次のバトンは南国沖縄のSR乗り"フジモツさん"です!!ヨロシクお願いします!!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.singlenuts.jp/mt/mt-tb.cgi/158

コメント(1)

スイングアームのチョイスが渋い
歴史の長さを物語っておりますね

最近ではすっかり見なくなりました
(元々少ないって説がw)

九州熱いですねぇ 
いやぁ 怖いところだ(笑

コメントする

最近のブログ記事

SR NIGHT 17th
SR NIGHT 、年内最後の開催です。…
東海SRナイト vol.10
SRナイト★パート10 1億2千万人の…
SRバトン 関西22人目  ラングリーです
はじめまして。SRバトン 関西21人目の…

最近のコメント

無料アクセス解析 ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ...