序章3 凶悪な先輩との出会い2 金玉キック的衝撃

| コメント(1) | トラックバック(0)
 自分は走り屋出身などといってもレース経験や豊富なサーキット経験があるわけでもなく、速さよりも芸を求める埠頭系・駐車場系と言われる走り屋に青春捧げていました。空き缶でジムカーナっぽいミニコースを作ってグルグル走ったり、膝をする、ヒジをする、メットをする、タンデムしてる後ろのやつが膝をするダブ膝に、膝を支点に転倒しつつ回るドリコマ等々、速く走るよりはギャラリーに受ける芸をする系統の走り屋が当時結構いたのです。そんな流れでしょうか、04年当時スポットに復活したといっても、やることといえば左はサイドスタンド、右はスーパートラップの皿で火花をどれだけ綺麗に散らせるかな? のような。SRXは3型キックで、前後TT900GPに、リアショックにWPを入れているぐらいで、あとは吸気にCRというライトチューンでした。ジムカーナ選手がいるスポットでの練習もその「芸の道」の延長線上みたいなものでしたが、このお三方が熱心に「君ならすぐにシード選手になれる!」とうそぶくもので、すっかり調子に乗ってしまった模様。明けて05年には湾岸のスポットで転倒して手指を骨折し、嫁に「いい年して夜のスポット走るの禁止。昼なら許す」と宣言されたのを機に、競技やってみようかな?という気になってしまいました。もちろん最初はモロヤル気ではなかったのですが......。

 そもそもジムカーナという競技に対して、自分は予備知識もない上に悪い印象もあるぐらいでした。皆さんはジムカーナってどんな競技だと思います? 自分はパイロンを使って白バイの真似事をするようなものに感じていました。ネットで検索しても、選手は教習所の教習生みたいな変な前掛け(ゼッケン)をつけて走っています。ダサすぎる......。だいたい反骨の象徴であるバイク乗りが、なんであえて権力の象徴みたいな白バイっぽいことをせんといかんのか! という偏見もありましたし、バイク屋には「ジムカーナをやるとEGを壊す」とも。加えてジムカーナではクラッチを使わないで走るのがスタンダードといいます。600もあるビッグシングルで細かいパイロンで作ったセクションをノークラッチでやるの? 駄目押しが「セパハンよりもアップハンドルが定番」ということでした。美しいSRXのフォルムをアップハンドルに!! ありえません。あってはならないことです!
 そんなこんなで競技に対しては相当後ろ向きだった自分ですが、その後、またもやスポットで凄まじいモノを目撃してしまいました。それが、「ジムカーナA級選手の走り」だったのです。


 その日に見た選手は既に引退なさっているA級選手のN選手。いつものスポットでUさんと一緒に走っていたのですが、それはもう金玉袋を全力で蹴られるような衝撃でした。
 まず、衝撃的に装備が汚い。革パンはもう、どれだけ転び続けたらこうなるのか分からないというほどホツレてボロボロ。レーシングブーツは戦場帰りの兵士の軍靴みたいです。そして衝撃的に、声がでかい。目を合わすのが怖いぐらいの迫力野獣系のがなりんオヤジです。中高時代の体育教官室の臭いがしやがります。
 若き日に通ったスポットでも、ロードのエリア選手権に出ているライダーが慣らしやセッティングに来ており、後ろを必死になってくっついていこうと思ったこともありました。軽くちぎられましたが。思えばレーサーのRSを公道で走ってる奴がいるんですからのどかな時代ですが、その衝撃をはるかに凌ぐものが、N級選手にはありました。
 そしてN選手は、これまた見たことのないようなアップハンカスタムの900ccSSにまたがると、ズボボボ!っとエンジン始動。その後見たものの衝撃を、自分は未だに忘れられません......。
 高らかにエグゾーストノートを響き渡らせ、たかが10数メートルの直線をドラッグレースバリに全開でぶっ飛んでいくN選手。そしてパイロンを巻いて戻ってくる時、自分の脳内では明らかに漫画の効果音チックに「ぎゅりりりりり!」という凄まじい「旋回音」が鳴ったのです。
 ぎゅりりりりり!!!
 バイクが! バイクが俺の知っているバイクとゆー乗り物と、違う動きをしている。そんな動きをしたらバイクじゃない。なんかおかしいんじゃねえのかと。それは、以前見たことのある「白バイ大会の優勝者」とは比較にならないものでした。自分が利用していたスポットにたまに現れてパイロンを置いて練習している「安全運転大会全国常勝チーム」ともまた、まったく比較にならないものでした。当時の自分、パイロンを使う競技という点だけで、競技ジムカーナがそれらの「低速バランス系競技」とは全く違う競技であることを知らなかったわけですが......。

 ぎょりりり! ぐりぐりぐりぐり!

 ありえない勢いで、ありえない小ささでバイクが旋回し、こちらを睨みつけるやFを浮かしながらのダッシュで猛然と戻ってきて、斜めにケツを振りながらのジャックナイフで停止したN選手は言いました。
「路面冷えちゃってよお! 全然グリップしねえよ!」
 おいてめえ! 今ぎゅりりりり!ってやったっぺよ! グリップしねえって、無茶苦茶してんべよ! なんて千葉弁丸出しで言えませんでした。もちろん、そのN選手がかつて代表を務めていたチームに自分が所属することになるとは、当時予想もしないことだったのでした。
 ただその後。PCを前に、ヤフオクの入札ボタンにマウスポインタを合わせてフルフルしている自分がいました。ブツは、SRXに入れられるFZR(1WG)の前後ホイールとスィングアーム。帰れない道に進みかけている予感だけは、その時すでにあったように思います。

rfzr.jpg
ぽちっとな

rfzrset.jpg

ぼひっとな。



つづく



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.singlenuts.jp/mt/mt-tb.cgi/77

コメント(1)

いいぞ!泥沼!Gogo!!

期待してます 新しい切り口で新鮮だ(笑

コメントする

最近のブログ記事

SR NIGHT 17th
SR NIGHT 、年内最後の開催です。…
東海SRナイト vol.10
SRナイト★パート10 1億2千万人の…
SRバトン 関西22人目  ラングリーです
はじめまして。SRバトン 関西21人目の…
無料アクセス解析 ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ...