2010年3月アーカイブ

先日現地調査に行ってきました

会場までの道がちょいと難しいかも・・・なんで対策考えます
(ちょいとまってね)

会場入り口付近は車は6台くらいしか停められません


DSC02676.JPG申し訳ございませんが入り口からまっすぐ下ると(坂下りる)第二駐車場があります

トランポ隊の方はそちらにお願いします

DSC02674.JPG自動販売機は2台ありました

トイレも(仮設)あり

コースは車のドリフトなど入れてないのでグリップは良さそうですよぉ

最終コナー入り口

DSC02677.JPG


問題は
1) 近所にガソリンスタンドありません
2) 近くにコンビにありません

上記はオトナな対応で皆さんよろしくです 

 

去年6月からはまってる、茂原モトブレイク。明後日も行きますよ。
去年の春のシングルナッツがウエットで不完全燃焼だったので、翌週ちょっと無理して行って見たのがはじまり。そこでいきなり千葉さんと再会しました。
以来、月に一回は必ず参加。多いときは2回。(4月は三回かも^^)すっかり定例行事。

参加者は、いつものように、だる、けんさん、nabeさん、ベン太郎さんの常連SRX組に、初参加nagaさんがSRXで加わり、シングルナッツで知り合って、去年からいつもご一緒いただいている千葉さん、前回ついにひざすり達成のSRきのっぴくんも、たぶん。

いつもタワーに近いピットでわいわいやってます。 みんなで行こうぜ~!






◆ 焼付かない クラッチボール   

ある条件下(詳しくはこちら)になるとクラッチのシャフトとボールが焼付くことあり、
最悪の場合ミッションシャフトへのダメージ、交換となります

   

IMG_7524.jpg



このクラッチボールは焼付き防止、耐久性向上、取付はボールを交換するだけです 

●高強度、耐熱衝撃性、耐摩耗性に優れたものです

適応車種/価格  下記一覧表をご覧ください
 
YAMAHA

適応車種 mm 相当純正部品番号 税込価格
SDR200/TZR125 4.8 93503-16003/93503-16010 500
TZR250R(3XV) 6.4 93501-04011 600
RD/RZ/TZ125/FZR250 8 93505-16006 1、000
RZV500/SRX250/YZF450 8.8 93511-32027/93511-32017 1、100
RZR/TZ250/SRX400 12 93515-32029 2000
詳しくは TOSH-TECさんまで→HPはこちら
 自分は走り屋出身などといってもレース経験や豊富なサーキット経験があるわけでもなく、速さよりも芸を求める埠頭系・駐車場系と言われる走り屋に青春捧げていました。空き缶でジムカーナっぽいミニコースを作ってグルグル走ったり、膝をする、ヒジをする、メットをする、タンデムしてる後ろのやつが膝をするダブ膝に、膝を支点に転倒しつつ回るドリコマ等々、速く走るよりはギャラリーに受ける芸をする系統の走り屋が当時結構いたのです。そんな流れでしょうか、04年当時スポットに復活したといっても、やることといえば左はサイドスタンド、右はスーパートラップの皿で火花をどれだけ綺麗に散らせるかな? のような。SRXは3型キックで、前後TT900GPに、リアショックにWPを入れているぐらいで、あとは吸気にCRというライトチューンでした。ジムカーナ選手がいるスポットでの練習もその「芸の道」の延長線上みたいなものでしたが、このお三方が熱心に「君ならすぐにシード選手になれる!」とうそぶくもので、すっかり調子に乗ってしまった模様。明けて05年には湾岸のスポットで転倒して手指を骨折し、嫁に「いい年して夜のスポット走るの禁止。昼なら許す」と宣言されたのを機に、競技やってみようかな?という気になってしまいました。もちろん最初はモロヤル気ではなかったのですが......。

 そもそもジムカーナという競技に対して、自分は予備知識もない上に悪い印象もあるぐらいでした。皆さんはジムカーナってどんな競技だと思います? 自分はパイロンを使って白バイの真似事をするようなものに感じていました。ネットで検索しても、選手は教習所の教習生みたいな変な前掛け(ゼッケン)をつけて走っています。ダサすぎる......。だいたい反骨の象徴であるバイク乗りが、なんであえて権力の象徴みたいな白バイっぽいことをせんといかんのか! という偏見もありましたし、バイク屋には「ジムカーナをやるとEGを壊す」とも。加えてジムカーナではクラッチを使わないで走るのがスタンダードといいます。600もあるビッグシングルで細かいパイロンで作ったセクションをノークラッチでやるの? 駄目押しが「セパハンよりもアップハンドルが定番」ということでした。美しいSRXのフォルムをアップハンドルに!! ありえません。あってはならないことです!
 そんなこんなで競技に対しては相当後ろ向きだった自分ですが、その後、またもやスポットで凄まじいモノを目撃してしまいました。それが、「ジムカーナA級選手の走り」だったのです。


 その日に見た選手は既に引退なさっているA級選手のN選手。いつものスポットでUさんと一緒に走っていたのですが、それはもう金玉袋を全力で蹴られるような衝撃でした。
 まず、衝撃的に装備が汚い。革パンはもう、どれだけ転び続けたらこうなるのか分からないというほどホツレてボロボロ。レーシングブーツは戦場帰りの兵士の軍靴みたいです。そして衝撃的に、声がでかい。目を合わすのが怖いぐらいの迫力野獣系のがなりんオヤジです。中高時代の体育教官室の臭いがしやがります。
 若き日に通ったスポットでも、ロードのエリア選手権に出ているライダーが慣らしやセッティングに来ており、後ろを必死になってくっついていこうと思ったこともありました。軽くちぎられましたが。思えばレーサーのRSを公道で走ってる奴がいるんですからのどかな時代ですが、その衝撃をはるかに凌ぐものが、N級選手にはありました。
 そしてN選手は、これまた見たことのないようなアップハンカスタムの900ccSSにまたがると、ズボボボ!っとエンジン始動。その後見たものの衝撃を、自分は未だに忘れられません......。
 高らかにエグゾーストノートを響き渡らせ、たかが10数メートルの直線をドラッグレースバリに全開でぶっ飛んでいくN選手。そしてパイロンを巻いて戻ってくる時、自分の脳内では明らかに漫画の効果音チックに「ぎゅりりりりり!」という凄まじい「旋回音」が鳴ったのです。
 ぎゅりりりりり!!!
 バイクが! バイクが俺の知っているバイクとゆー乗り物と、違う動きをしている。そんな動きをしたらバイクじゃない。なんかおかしいんじゃねえのかと。それは、以前見たことのある「白バイ大会の優勝者」とは比較にならないものでした。自分が利用していたスポットにたまに現れてパイロンを置いて練習している「安全運転大会全国常勝チーム」ともまた、まったく比較にならないものでした。当時の自分、パイロンを使う競技という点だけで、競技ジムカーナがそれらの「低速バランス系競技」とは全く違う競技であることを知らなかったわけですが......。

 ぎょりりり! ぐりぐりぐりぐり!

 ありえない勢いで、ありえない小ささでバイクが旋回し、こちらを睨みつけるやFを浮かしながらのダッシュで猛然と戻ってきて、斜めにケツを振りながらのジャックナイフで停止したN選手は言いました。
「路面冷えちゃってよお! 全然グリップしねえよ!」
 おいてめえ! 今ぎゅりりりり!ってやったっぺよ! グリップしねえって、無茶苦茶してんべよ! なんて千葉弁丸出しで言えませんでした。もちろん、そのN選手がかつて代表を務めていたチームに自分が所属することになるとは、当時予想もしないことだったのでした。
 ただその後。PCを前に、ヤフオクの入札ボタンにマウスポインタを合わせてフルフルしている自分がいました。ブツは、SRXに入れられるFZR(1WG)の前後ホイールとスィングアーム。帰れない道に進みかけている予感だけは、その時すでにあったように思います。

rfzr.jpg
ぽちっとな

rfzrset.jpg

ぼひっとな。



つづく



 その日、自分はいつも通り練習スポットにモチュールの空き容器で目印つけて、簡単なコースを作ってグリグリと回っていました。そんなとき、近くで同じように練習している人たちのことは、嫌でも眼に留まるものです。そしてその日自分が見たのは......怪しげな二人組の中年男でした。
 ひとりは、慣れていない人間ならターンすら難しいほどの道幅の練習場で、でかいGSF1200をグルグルとんでもない速度で回してます。まるで曲芸...。さらにもうひとりは、ミニバイクのKSRに乗っているのですが、なんかラジエターシュラウドが横に広がっていて、バランスが変。音も変です。走りはもっと変......。一本のパイロンの周りを、自分の尻尾を追いかける狂犬のようにグルグル回っています。なんじゃあれは......。
 そしてそんな二人を眼の端に留めながらひとしきり遊んだあと、自分が帰りがけにその二人のそばを通ると、自分は呼び止められたのでした。
「やあ君! 動画とってあげるから、走ってみなよ」。
 なにいいいい!!
 恥ずかしながら、全開で攻めて走ってみました。冷えた路面にリアが大きく横流れしてギョッとしながらも平静を装い。すると、その二人はバイクを見ながらこう言ったのです。
「人がバイクを越えているよね~~(ニヤニヤ)」
「このバイクではですね! もう限界。タイヤが限界。君はスゴクハヤイからホイールを変えたらもっともっとハヤクナルヨ! 今はGPR70SPっていういいタイヤがあるから、それを履けるホイールにスルコトダネ(ニヤニヤ)」
ftire.jpg



当時使っていたTT900GP。たしかにタイヤ限界ではあったけど......。


 この二人、GSFの方が、現A級のジムカーナ選手で当時B級シードだったTさん、そしてKSRの方は、現B級で後にジムカーナのイベントレース「関東事務茶屋杯」の主催者となるKさんでした。聞くと彼のKSRにはKDX220SRのエンジンを積んでいるといいます。そりゃ、ラジエターでかいはずです。アホかと思いました。ちなみに当時を思い出してK氏はこう言います。
「あの時は、練習場の真ん中でずっと走ってるウルセエのがいるから、一緒に走って仲間に引き入れて場所を開放させるか、けちょんけちょんにして退場させるつもりだった」 
 思えばこの鬼畜三人との出会いが、その後の自分の人生を大きく左右することになったワケですが、自分が本格的に道を踏み外すには、もう一つの強烈な体験が必要でした。そう、忘れようにも忘れられない、強烈な体験が!!
 どうでもいいことですが、こうやって書いている背後で、嫁の水槽の餌金(熱帯魚の餌用の金魚)が、観賞用の水草をバシバシ食っています。止めるべきでしょうか。

つづく

第一回で偉そうに言っておきながら放置ですみません。
実は09年の秋、「ダンロップ杯JAPANカップ」を最後に、自分はSRXを競技マシンから引退させ、現在はTYZM(TZM50RにWR250FKというカートレーサーエンジンを突っ込んだ)にて競技活動を継続させています。SRXを引退させたからこそ言えることもできてきてはいるのですが、毎週末どころか平日も朝な夜なと練習に費やして全力疾走でやってきたSRXでの競技人生を終了させ、少々放心状態が続いてもいました。今もSRXをしまっている倉庫に独りで行くと精神的に大きく落ち込んでしまうため、あまり見ないようにしてるぐらいです。

さて。
そんな、本当に真っ白けっけになるまで完全燃焼した、SRXと自分の競技人生について、話したいと思います。

 そもそも! そもそも、自分とSRXの出会いは「彼女が乗ってたバイク」という形でした。そして初代SRXは二十代の頭に、従兄弟が乗っていた400の不動車をもらうってきたものです。長く話すとどんどん長くなっちゃいますが、ハーレーのXLCRのシートカウルとアップハンドルでトラッカーっぽいカスタムを作ってみたり(フロントノーブレーキノーライフ)、680までボアアップさせたEGでガードレールに突っ込んでみたり。その後、奥さんとタンデム用に買った400を焼きつかせて608にボアアップしてみたり...。
 元々ライダーとしては「毎日派」で電車には乗らずに仕事も遊びもバイクで動くタイプであり、十代から二十代にかけてはいわゆる走り屋小僧・膝すり小僧の一端でもあり、攻めて走るならGOOSE、SRXはタンデム&業務用と考えて、両方を分けて所有していました。いずれにせよビッグシングルには魅力を感じていたわけではありますが。
 どっこい、30代になって自営業である稼業が軌道に乗ってくると、俄然若き日の血が騒ぎはじめてしまいました。仕事用としてFJ1200を買いSRXをお遊び専用として使えるようなると、歯止めが利かずに一気に小僧に逆戻り! 首都高のチームに所属して夜な夜な環状線を走ったり、湾岸のスポットを小僧たちに混じって片っ端からバトルを吹っかけるようになり......。原点回帰といえば聞こえは良いのですが、仕事一辺倒で趣味を封じまくってきた二十代後半のストレスが一気に噴出したような感じ。ちなみに当時もGOOSEを所有してましたが、なぜSRXで遊び始めたかというと......。GOOSEの車検が切れていたから(ヲイ......)
 ところがそんな04年冬の週末、自分はある衝撃的な出会いをいくつか繰り返します。その出会いが、その後の人生狂わすものになろうとは......。

219749_1695659148.jpg






04年末当時のSRXはこんなに綺麗でした......こんなにも...


 それは04年末11月のことでした。いつものように週末のまっ昼間っから自分が湾岸のスポットで無駄にタイヤを減らしていたところ、同じ場所を練習に使用していたオッサンに声をかけられたのです。その人が、Uさんでした。
 Uさんは、ちょっと自分がそれまで知ったことのあるどんなライダーとも違うタイプの人でした。まずなんと、御年60歳を控えたオッサン。ですが日に焼けた筋ばった二の腕なんかは、めちゃくちゃ痩せマッチョで、ちょっと見じゃ二十代です。その話すパワーもさることながら、乗っているバイクといえば金にペイントされたモトクロス風のゼッケンカウルをつけたNSR。シートラバーはヒョウ柄。そんなNSRをアップハンドルにして、凄まじい勢いで走っています。派手、速い、オッサン......。なんじゃこの人は......。そしてそんな派手オッサンのUさんは、その場でパイロンを並べてコースを作り、こう言ったのでした。
「君も走れ。なあもう、遠慮しなくていいからいいから。ほら用意して、走る前にコース歩くよ。そんで、あとでタイム計るからな。ほら歩くよ!」
 なんちゅーマイペースなオッサンだと思いつつも、基本的に競争ごとの大好きな自分の中に、メラっとなにやら燃え上がったわけです。タイム計測ですと!! よし。我が秘めたるなんたるやらをみせつけてやらん。
 が。
 その日のコースでUさんは58秒。自分は60秒だった記憶があります。60間近のオッサンにまるでついていけないショック! ですがUさんは別れ際にこう言ってくれました。
「初めてジムカーナを走って、しかもそのバイクなら、すごく速い!」
 さて。この人のべた褒めに騙されてどれほどの選手が生まれたのかは不明ですが、相当数でしょう。聞けばUさんは「ジムカーナのレース出ているんだよ」という。おお、オッサンだがレーサーさんなのか! その人の2秒落ちなら......案の定、ちょっといい気になる自分でした。浅はかなことに。
 さらに自分は翌週同じ場所で、今度は不気味な二人組のオッサンを見ることになります。

つづく



と言うワケで前回から相当間が空いちゃいましたね・・・ゴメンナサイ

とりあえず前回書いた内容からもうちょい話の方進めて書いていきたいと思います。

 

テーマは『SRとの出会い』です。

 

ウチが中型免許を取得したのは大学3年の秋。。。くらいのはず。

正直一般の方より遅めの取得なんですが、まぁこれも諸事情ありまして

最初はバイクの免許なんて取る気は更々なかったんです。

でもふとしたキッカケで免許を取ることになり、捻くれ者なんで教習所ではなく

一発試験で免許取得を目指す事になったワケです。

 

結果。。。

 

目の前でヤ○キーが罵声を浴びながら落ちていくのを横目にマジメ君を装い、見事2回目で合格!ミラクル!

 

ひょんなことから免許を取得し、いざバイク選びとなったワケです。

 

当時はTW全盛期で、SRもトラッカー全盛の時代でした。

まぁでも何気なく取った免許だったんで、コレが欲しいって言う明確なビジョンは皆無。

とりあえずオシャレな感じだったんでシングルが良いな。

ツレが乗ってたんでクラブマンか、はたまたエストレアか、250のシングルがターゲットでした。

車検も無いですからね。

 

 

大学のツレから言われた一言でいきなり方向転換

 

『男ならビッグシングルだろ』

 

その当時はビッグシングルがなんたるか何て全く分かっていませんでしたが

とりあえずデカイ排気量のシングル、400ccを乗る事を決意

そうなるとおのずとSRと言う選択肢になっていったのでした。

 

とりあえず雑誌でも買って勉強しようってことで、本屋に行き、SR FILE vol.6を買いました。

記念すべき最初のSR雑誌です。

 

3.JPG世相を反映して、モロトラッカー中心の内容でしたが、心ひかれたのは

 

4.JPG

ペイトンプレイスの製作したカフェレーサー達。

もう毎日のように雑誌を眺めては必要なパーツをメモってましたね。

皆もそうだと思いますけど、この時間がたまらなく楽しかった記憶があります。

 

結局カスタムするんだから、ある程度希望の形になった中古を買うってのが楽かなと思うようになり

ベース車両探しに奔走しました。

 

結局近所のYSP、丁度良さそうなSRの中古を発見。

97年式で走行は。。。何ぼだっけ?

まぁカスタムしてメーターも変わってたんで、分からんですよね。

見た目は結構キレイな感じだったし、純正タンクのカラーリングも好きだったんでコレに決定! 

一通りのカスタムがしてあったんで、あとはチョイチョイパーツ交換すればOKかなって。

 

ペイトンのダブルシートにベイツライト、ショートフェンダー、CRキャブにK&Nパワフィル仕様

スパトラにミニウインカー、ルーカステールetc

こうして見ると結構弄ってますよね。。。

余談ですが、『スカチューン』と言う単語はキライなのでウチは使いません(笑)

 

寝る間も惜しんで稼いだバイト代で無事SRを購入!コレが今で言う1号機との出会いになります。

最初は普通だったんですよね。。。イヤ、ホント

 

全くの無知で購入したこの中古車両、今の自分から見て当たりか外れかと言うと

 

ギリ当たりです。

 

ベイツライトのオカゲで配線処理はグチャグチャだわ、キャブのセッティング合ってないから

アフターパンパンなるわ等々ありましたが、今から考えてもベースとしては良かったと思います。

 

ただ

 

『運が良かっただけですが』

 

まぁでもSRの中古はコワイですからね。良かったってもんです。

 

と言うワケでコレがウチのSRとの出会い的なもんですね。

良く言われるんですが、結構普通な出会いだなとw

もっと運命的なモンとか、SRが欲しくて免許取ったとか

ナゼかそう言う風に思われてるフシがあるみたいですが

んな事全く皆無で、無知なファッションライダーがノリで買っちゃった感じです。

 

まぁ

 

そっから何をどう間違えて今の道に進んで行ったのか

 

ボチボチ書いていきます。

 

で、購入時の車両の写真?

 

そんなモンは当然残っていませんよ(笑)

 

とりあえずは、目指せカフェレーサー!!!

こんにちわ。以前はFTR乗りだったジョン吉です。

既にSR乗りになった私でありますが、FTR223,250バトンのトップバッターを

務めさせて頂きます。メーカーや車種の垣根を超えたこのバトン今後のシングル

に「新微風」を吹かす切欠になれば...と思い駄文ですが書かせて頂きます。

 

 私がFTR223に乗っていた期間は、確か2000年~2007年の7年間でした。

で、納車後はノーマルで、その後は暫くストリート風で乗っておりました。

 

その後は、ダートトラックの本場アメリカで開催されていたダートトラックレース

GNCHarley‐Davidsonワークス車両をモチーフに仕様変更を施しました。GNC.JPG

 

購入当時の世は復刻版FTRブーム(発売当初は223をそう呼んでいました)真っ只

中で、ストリート系の雑誌にも多く取り上げられ、有名人達がFTRオーナーとして

(桜庭とか宇野薫など)記事に取り上げられFTR専門誌も多数発刊してましたね~。

 

が、しかし....。

 

その後はあっと言う間に一大ブームも過ぎ去り、全国規模で盛り上がっていた全国FTR

オーナーズクラブ「フラトラ」や「シングルハート」なども時間の経過と共に完全消滅...。

そして、FTR223パーツを販売していたショップやパーツメーカーも皆が揃って完全撤退↓

 

この辺りからFTR仲間(主にHP繋がり)との繋がりは「組織」から「個人」へと移行してゆき

少人数ながらもFTRフリーク達とFTR全国ミーティングを謳い文句に「名古屋MT」を開催

して楽しんでました。(MTといえど夜の繁華街で朝まで呑み屋ハシゴしてただけど...。)

 

ちょうどその頃、所有するFTRのGNC風カスタムに飽きてきた私は、様々なSRオーナー様

のHPを閲覧するようになり、SRの生誕25周年記念イベント「シーサイドカフェ」 で実際に有名

SRカスタム車両を見てしまい、あらぬ方向にFTR223をカスタムすることを決断しました。

 

どうせ拘るならGNCHarley‐Davidsonワークス車両をモチーフにした17inch車両を完成

させようと思い、神戸にあるプロショップ「MOTO-DOG」さんの門を初めて叩き、今までに

前例の無かった?本格的17inchキャスト化を進めました。まずパーツクリーナを吹くだけ

で取れてしまうフレームの塗装を脱却する為に、フレームは西村コーティングへパウダー

コーティングを依頼。(やるならダイヤモンドコーティングだろ!というツッコミはご勘弁を...)

 

FTR M.jpg 

17inch化カスタムが完成した納車後も、パーツがないなら「無い物は作ってしまえ~!」

的なノリで手間と金と情熱を注いだ車両でしたが、SR乗り換え資金調達の為にバラバラ

して殆どのパーツを転売したので、残念ですが今じゃその姿は跡形も残っておりません。

 

今じゃSR乗りの私ですが、本音を言えば「M号はバラさずに置いておけば良かった...。」

と後悔しておる次第です。実際あの車重あの足回り車両は此の世に存在しませんから。

でも、もし再びFTR223を弄ることになったら・・・・やっぱり再びGNC風トラッカーかな?

 

次回のFTRバトン記事の御指名は、現在FTR界最大のイベント「長野MT」を毎年主催
されて、そのFTR愛はマリアナ海溝よりも深いチューンドFTR250乗りしのっちさんです。

では、引き続き宜しくお願い致します。

 

長々と駄文にお付き合い頂き、誠に有難うございました。

 

以上、元M号オーナーことジョン吉でした。

PSYCHOTOGEN http://www.tcct.zaq.ne.jp/bpbfn207/

無料アクセス解析 ... ... ... ... ... ... ... ...