2009年9月アーカイブ

新しくNOTAというソフトウェアの実装実験を開始します

色々できて面白いのでどうぞご活用ください

NOTA←ここからどうぞ

もぅ何年前になるのだろう・・・ 遠い目・・・

SRとの出会いを思い出してみます

 

友人の家に遊びにいった時、TVの横にSRが写った年賀状があった

「このバイクゆずってくれないか?聞いてみて!」
この軽い一言が人生変えるなんて、この時まったく思ってなかった

数日後 
「ちょうど引越しで処分困ったトコなんで売るって!」

400ccに500cc乗せ換えのSR+スペアエンジンがやってきた

すぐに上野のコーリン(このあたりが時代だなぁ)でスパトラ・トマゼリセパハン購入
後日CRキャブ・マックレーンのバックステップも購入
塗装は当然得意の「缶スプ」仕様
当時ネットなんて無い時代雑誌が全ての情報源でしたから、資料請求したり
オレブルさんのSRBookを見て 「すげーぇ」なんて言ってましたね
ペイトンさんのシート購入したり このレベルで止めておけば・・・幸せだったのに・・・

不幸はある日やってきました

SRのキックが降りない! なんで? 
まったくの素人 「?????」状態です ドコが壊れたなんて検討もつきません

近所のスタンドで見てもらう (バイク屋行かないあたりがずーずーしい)
おっちゃん 「クラッチのバネが粉砕してキックギアに噛んでたよ」

そんな事言われても まったく無知
どーしたら良いの そして僕は途方にくれる♪(古っ)

全国2000万人の「単気筒馬鹿」の皆様、こんばんは。

元SR『うんこ号』オーナーの「もちょい」です。

 

 

いまでは『うんこ号』に跨る僕ですが、SR馬鹿の先輩達に比べると、SR暦は長くありません。

そんな「もちょい」の今まで語った事のない SRというバイクとの出会いを、今日は綴ってみようと思います。

 

 

 それは、5年前のことでした。久しぶりにかかってきた、元カノからの電話。

「もちょい、SR乗らない?」っと SRを貰ったところから、このお話は始まります。

 

 

彼女の乗る「SR400」は、カッコよく 速かった‥‥‥(早くも回想シーン)。

 

あるショップのツーリング(15年前)に、送れて来た彼女のSR。

箱根ターンパイクの頂上で合流した彼女のSRは、もちょいの駆るTZR(3XV)他、最新レプリカの「下りバトル」に参加するわけは無いと思っていた。

 

店長の駆るSRX250は独走。(ミニバイク元チャンピョン)

某アニキの駆る3XV、もちょいの3XVは、抜きつ抜かれつの、楽しいバトル。

 

ゴールのターンパイク出口に 15秒送れで4番手で現れたのは、某メタボの駆るZZR1100を抑えて、彼女のSR400だった。

 

「意外と速いんだなぁ、SR400って‥‥‥」と思った先行3人は、後ろから見ていた某メタボのコメントに凍りつく(笑)

 

メタボ「だめだよ!○○ちゃん!あんなに飛ばしたら!バイクがへんな動きしてたから!!!」

元カノ「だって、もちょい達についていこうとしたら、バイクが暴れてしょうがなくって‥‥‥。ついていけなかったよ~~ん(笑)」

 

「速いのゎSRぢゃなくて、このオンナだ‥‥‥。」

 

 

そんな彼女のSR400を譲り受けて最初の印象は『エンヂン遅くて 止まらない』

止まらないのゎ「ロマンティック」だけで充分だ‥‥‥。

 

 

基準が3XVの「もちょい」には 当たり前の印象だが、いつか死ぬと思った「もちょい」は、

『フロントデスクブレーキ化計画』を実行にうつそうと、某オークションで「ディスクブレーキ化キット」を探す。

 

なかなか、良さそうなブツは無いなぁ‥‥‥中古部恋慕にするか‥‥‥。

と思っていたそのとき、例の車両が出品されているのを発見したのだった。

 

 

右後ろから.jpg

これなら、めんどうくさい「公認」もしなくていいし、かっこいいぢゃん!!

 

出品されていたのを見て 某巨大掲示板サイトでは、「あんなゲテモノ、買うヤシいねえヨ!」「盆栽イラネ」っと、お祭り騒ぎがあったとか、なかったとか‥‥‥。

 

入札1で無事に落札され、大分県から逆輸入されてからの続きは、

RacingDaddy~もちょいの元YAMAHA SR~

でお楽しみください。

 

 

 

IMG_0711-3.jpg

 

 

 

 

次回の「SRバトン」ですが、赤い彗星「きのっぴ」さん、お願いします!!

 

はじめまして。

| コメント(0) | トラックバック(0)

NARIさんよりお誘い頂きまして、今回ブログに参加することになりました

 

『丼吉』です。

 

ちなみに

 

昔は『あづさ2号』なんてHN名乗ってた時もありました。。。

そっちの方が馴染みあるって方も中にはいらっしゃるかと。

 

今回シングル界を盛り上げよう!みたいな趣旨に賛同し、ブログ書く事になりました。

 

正直本とか『見ない』『読まない』『買う気もない』の3拍子揃ったヤツなんで

まともな文章が書けるとは思もえませんが、我慢してください(笑)

 

さてさて、最初ってことなんで挨拶兼ねて、意気込みみたいなモノでも書いてみます。

 

ウチがSRに乗り初め、カスタムに目覚めた当初、それはもう今とは比較にならない程

インターネット界でのSRは盛り上がってたように思います。

自分もその影響をモロに受け、色んなHP(当時はSR LINKなんてものもありました)を

食い入るように閲覧し、自分のカスタムへの参考にしたものです。

 

それまでカスタムの参考書的な物と言えば、雑誌などがメインだった時代。。。

ただどれもメーカーやショップ発の情報で、必ずしも生の声とは言えないものでした。

 

時代は変わりネットの普及により個人HPが急増、雑誌とはまた違った角度からの

カスタムの参考書を得たSR乗りは自分を含め大勢いたことと思います。

ホント毎日のように飽きもせず見入ってましたね。

 

そして時間は流れ、いつしか自分のHPを持つ時がやってきました。

『Stoic Ride』

ってサイトです。。。見た事ある人もいるかな?

 

そこからまた新たにSR仲間の輪が広がり、繋がり、本当に充実したSR LIFEを送っていました。

 

自分はインターネットのオカゲで、今の自分のSRが存在しているって思ってます。

 

大したものは書けないと思いますが、SRとの出会い~現在、雑記、その他モロモロ

また当時みたくSR界が盛り上がって欲しいって切に願う一人として

何でもありで書いていけたら良いな。。。っと

 

とまぁ堅苦しいご挨拶はこのへんにしといて

 

今のウチのSRを紹介しときます。

 

1号機です・・・

 

  1.JPG 

 

2号機です。。。

 

2.JPG 

 

ダメSR乗り代表としてヨロシクお願いします。

えぇと、知らない方は始めまして。

知ってる方はこんばんは。

神戸でSR500に乗っているKOMIと申します。

この度、何故か(丼吉の陰謀と思われ)NARIさんより御指名を頂きましてブログを書かせて頂くことになりました。

 

とまぁそんな経緯は良いとして、何書きましょ?

テーマに悩み、夜も眠れない今日この頃です。

正直僕はバイクに関する知識も技術も貧相極まりない訳なんですよ。

もちろん文才なんざ持ち合わせておりません。

要はどこにでも居る平凡なSR乗りなんですね、コレが。

強いて言うのであれば、カスタムの方向性が人と被りにくいって事くらいです。

マイノリティ上等で御座います。

ですので恐らく誰も興味を抱かないであろう、僕のSRが如何にして腐れ外道と成り果てたかを主軸に書いてみようかなと。

良い子の皆は真似すんなよ的な感じで。

 でもこのテーマだとすぐにネタが尽きちゃいそうだな・・・

まぁ何とか書いてみます。

罵詈雑言お待ち申しております。

DSC02802.JPG

テスト

| コメント(2) | トラックバック(0)
j2.jpg

今年のシングルレースの最終 筑波TTに獺祭39%SingleNutsとして出場しました

今回のTTライダーの練習不足とマシンの仕様変更等で言い訳できること満載(w

しかしライダーSAMURAIのどうしても表彰台という熱意で万全を期すことになりました

金曜日の特スポ(特別スポーツ走行)に走れないことが分かっていたので同じ週の水曜日にライダーのSAMRAIが筑波の小型枠に予約を入れていたためNAPAのライダー げきち を拉致って一緒にいきました。彼はGP-MONOや選手権にメカとしてくっついていっているので私よりも経験や知識が豊富なので、指名で引っ張ってきたわけです。今回の仕様変更で、新型オイルクーラーが装着されました。ここはあんまり操作性とか関係ない部品なので温度だけ見てるだけなのですが、今回タイヤを前後ラジアル構成にしました 前回までは F 90-80-17 TT900 R 120-70-17 α10 F用 だったのですが、Fの安定性を求めて前後α10に変更という 思い切ったことをやろうということになりました。

1本目の走行でFが流れて乗りにくいという結果に

 

IMG_0058.JPGそれもそのはずもともとFホイールサイズが2.50のホイールを使用しています。α10の110-70-17は指定が2.75~3.5のタイヤ オーバーサイズなのでラウンドがきつくなっしまっているため加重がかけられないという状態になっているためです。げきちのアドバイスを参考にFのエアーを下げ、車高UPして積極的にFタイヤに荷重をかけタイヤがつぶれるようにセッティング変更このおかげで、安定して走れるようになりました。

 

なんとか3本目までにはセッテイングが終わりあとは本戦に望むだけになりました。

しかし本戦では思いもよらぬことが待ち受けていました。

 

その2へ続く

 

014.jpg本戦もあと2日という金曜日、ライダー2人だけが車検と練習走行のためモテギ入りしていました。

夜になっても連絡が来ないので、電話をして見ました。懸念していた車検の方は無事に終わったそうですが、アンダーカウルに容量が少ないのではないかとけちが付きました。2本だしにする際あたる部分を削っているので、b妙だなーと思っていたのですが、予選の時の車検では何も言われず。本戦の予選でいきなり言われてもなーと正直思いました。今回は条件付でOKになったのですが、すぐには揃えられないような重要部品だけに、予選の時の車検で言ってもらいかたっかです。

練習走行時の話を聞くと、本戦前にフォークオイルを円陣屋さんのものからSHOWAのSR-6に変更したのですが、これがあだとなり、ダンピング不足で乗りにくいという報告をうけました。

じつはこの時ちょっとブッチっと音を立てて切れてしまったのですが、報告が遅すぎる!!

本戦まで後1日あるわけですから、修理やリセッティングは、ある程度はできるのにもかかわらず。ライダーの勝手な判断で報告をしてこなかったのです。これには正直腹が立ちました。耐久レースはライダーだけがするものではなく、監督、メカ、サポートするスタッフの全員でするものです。人数が大勢いるので、報告連絡はとても重要なのです。

あわてて狸穴氏に電話し円陣屋さんのABSO-RRの在庫確認をして土曜日引取りをしました。

モテギについたのが午後4時 ちょうどマスターズが終わるぐらいでした。

マスターズのチームの片づけがあるので当日の整備はあきらめ、本戦当日フォークオイルを交換してスタートに望みました。

本戦スタート前、緊張が走ります ここまで1年半かかりました、前のお店が閉店し、移ったお店で部門閉鎖と色々ありました。この日のためだけに、時間をついやし、スポンサーを探して、資金援助をしてもらったり、家族にも迷惑をかけました。いろんな思いが駆け巡る中ルマン式、スタートでレースが始まりました。

第一ライダーが順調に周回をして順位を一つずつあげていゆきます。約40分ほどでライダー交代

このとき前日話し合ったとおり無給油でのライダー交代。もて耐ではスタート時10L給油は5Lと制限されています。じつはパワーよりも燃費がものすごく重要なのです。しかも1回給油するとピットに5分停止しなくてはいけません。給油すると2週分差がついてしまうのです。またはじめのうちにガソリンを消費しておかないと、給油のたびにガソリンがプラスしてしまう場合もあり。この場合中途半端にしか燃料を入れられないのに5分ストップという非効率なピットストップになってしまうのです。このため練習走行では、一回一回ガソリンを抜いて残量計測していました。

この無給油のおかげで一時7位まで浮上

上位狙える!

1時間終了時の公式順位11位と好調に数回を重ね第3ライダーへ交代するためにピットで準備をして待ちます。

 

 

 

 

 

 

 

 

あれ?

予定タイムを過ぎても来ません・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・

 

 

 

 

 

 

あれれ????????

アナウンスに耳を傾けますが転倒の放送はありません。

 

しばらく経つとチーム員から2コーナーのところでストップしていると連絡がありました

燃費計算ミスでガス欠

回収車で戻ってくるまで20分ロス

 

残念(涙

 

悔やんでも悔やみきれません。

順位を大幅に落とし62位にまで落ちました。

後はきもちよく完走させよう、メカチーム、サポートチーム、ラーダーと話しました。

その後は順調に進み、順位を42位まで伸ばします。燃費を計るともう一回無給油ができま。

つまり2週分ジャンプアップができるわけです。第2ライダー最後の走行 ライダーに1つでも順位を上げて終わろうそんなことを言ったと思います。それに答え順位を上げてゆきます。

 

耐久の魔物は終盤に襲ってくるそんなことが、頭をよぎりました。

たまたまモニタを見ていると

 

赤い27番が押している!!!!!

ですがすぐさま再スタート ピットに戻ってきます。 

 

現実となってしまいました

メカチームと映像から推測して破損場所を推測すぐさま用意をします。

 

ライダーが帰ってきてすぐに修理、ブレーキレバー、ハンドル、ステップの交換をしてました所要約5分という猛スピードで修理を終え最後のライダーチェンジ

その後は安定した走りで51位あたりをキープしてゴールを迎えました。

1年半かけ、長い長い耐久が終わりました。

正式結果49位

いろんなことがあったけどなんとか完走することができました。

夏の終わり長い夢は、ようやく終わりを迎えました

ここまで夢に乗っかってくれた皆さん本当にありがとうございました。

 

025.jpgで来年の又出ます すでにスポンサーが決定しましたので(笑

来年もSingleNuts!として出場しますのでよろしくお願いします~

 

さて次は筑波TT最終戦です。

おたのしみに~♪

 

Singlenutsサイト1.0正式稼動となりました

現在バージョン2.0beta構築に向けて製作中です。

beta2.0に向けてテスト中の新機能

個人ブログの分割、コミュニティー掲示板のシームレス化、新規サイトデザイン等

公開は来年早々を予定しております。

 

これからもSingleNutsサイトをよろしくお願いします。

ご指名に預かりました、HappyManです。

NARIさんのご紹介にもありましたが、私が世界最初の日本語によるSRサイトを立ち上げたのが、1996年でした。今でもサイトは残ってます。全然更新してませんが。

http://www.geocities.jp/yamahasr500_400/

 

ちなみに、1996年当時のサイトも、アーカイブが残ってました。

http://web.archive.org/web/19961219183204/http://www.a-web.co.jp/~nosiro/

いやー。今見ると物凄く恥ずかしい。

なんといっても隔世の感がありますね。当時は「.ne.jp」ってTLDは無かったし、so-netもbiglobeも無かったんですよ。Yahoo!Japanがサービスを開始したばかりじゃなかったかな。私の個人サイトも、すぐにYahoo!に登録されました。

 

 

 

あ ども 主催のNARIです 
新企画! SRバトン! について語らせて頂きます

どんなコーナーかと言うとですね
日本全国には沢山のSRオーナーがいらっしゃいます
そんな方々に「強制参加!」(笑)して頂くコーナーです

シングルの(このコーナーはSRね)活性化に是非ご協力くださいませ(熱望)

ルールは以下の通りです

記事は自由に書いてください
 別段前の方の書き方に合わせる必要は全然まったくありません 
 (書き手が尽きたら「お題」だすかも)

・必ずMySRの画像を添付してね 
 (嘘ハッタリ防止)

・次の方を最後に指名してください 
 
(某お昼の国民的番組のテレフォンなんやらみたいにね)

・貴殿の友達のWAを広げてください (シングルの活性化の為に)
※バトン(指名)する前に事前に話しつけといてね (まったく知らない方指名しても無理ですから!)

そうそう ここに書き込むには右上に「管理者専用」から入ってください
そしてバトン(認証キー・ID)を「こそっと」渡してあげてください(悪用禁止の為よろしくね)

 

前フリが長くなりましたが

最初のゲストは 「HappyMan!」さんです!

「日本で1番最初にSRのホームページをつくった漢」
今日のSRネット界があるのも彼のおかげ!と言っても過言ではない

 

そんな、のっさんに(こうとも呼ばれる) 敬意と愛を込めて 1番よろしく♪

 

あ いちを 昔の愛機を上げておきますぅ  NARI
14248888_441492821[1].jpg

14248888_6876372[1].jpg

 最近はSRX250に乗っています

http://srx250.blog53.fc2.com/

11月のシングルナッツミーティングの申し込みを開始しました

お申し込み先は こちら です。

SRXの月例ミーティング、「箱根MAN3」。今月は13日の日曜日に行われます。

どこで合流しようが離脱しようが自由なゆるーいミーティングですし、参加車両もSRXに限りません

ら、当日お暇な方、来てくださいね。

この日は、箱根峠のドライブインで、NAPSのイベントも行われるようですよ。

 

MAN3の詳しい情報は、こちらで・・

http://www.geocities.jp/go_man3/

 

私事ですが、6月の平日に、あろうことか伊豆スカイラインで、レーダーによるスピード取締りに遭い、

現在免停中です。(60日を講習受けて30日に短縮。)伊豆スカイラインのバイク事故の多さに、静岡

県警が動き始めたそうです。

「土日もやるからねっ。みんなに言っといて!」

と、現場のおまわりさんが言ってましたよ。

皆さん、同じ目に逢わないようにね。

 

ついでにもうひとつ私事。

ここ3ヶ月、茂原ツインサーキットで開催される「モトブレイク」に、SRX仲間や、シングルナッツミーテ

ィングで知り合った方一緒に参加してます。

次回は9月19日に行く予定。毎回、我々以外シングルがほとんどいなくて寂しいので、参加しません

か~?

こちらの詳しいことは、茂原モトブレイクで検索してね。

 

 

 

 

IMG_0151.jpg

7時間耐久ともなるとレギュレーションも筑波TTよりうるさく、オイルライン関係のワイヤーロック

など結構増えています。中でも分かりにくかったのが、ブリザー出口に取り付けるオイル受け・・・

オイルを受けられるキャブボックスもしくはトレーとなっています。

これは完全に盲点でしたこのため予選前の車検落ち・・・・・

私はこの時点でいなかったので現場のライダーが簡易対策して車検を通しました。

後でFRPで製作しましたけどね

 

今回はデータなしからはじめたので、毎回仕様変更があったりとライダーにかける負担が多く苦労をかけてしまいました。

それと筑波では出ない症状や、気にならなかった症状などが大きく出ます。これは、コースのスピードレンジの違いや振動負担が大きく、予期せぬことが多く思うようにタイムが出ないという状況に陥り

一発タイムが出せるはずの第一ライダーのタイムが思うように伸びず、第2ライダーの方がいいタイムが出たりと思うようにいきません。

結果予選39位で終了

結果良かったのだ前半スタートの最後尾 十分上位を狙えるポジションにつきました。

BBSを試験稼動しています。

世界的にも標準になりつつあるphpBBを使用しています

日本ではまだなじみのないスタイルなんですが、

コミュニティーサイトとして活用できるように少しずつ直して行きたいと思います。

スパム対策のため登録制なので少しご不便をおかけしますが

うざってー広告やエロサイトの排除のためご協力お願いします

試験稼動なのでアクセスは→ここ←からとなります。

是非ご利用ください

 

こきち

 

お待たせしました

SingleNuts秋の大会の詳細が決まりました

開催日 11月14日(土) 初の土曜日開催です

開催場所 南千葉サーキット

開催クラス レーシング、スポーツ、ストリート 各20分×4本 ぐらいを予定

申込期間 (早割り)9月10日~10月14日まで (通常料金)10月15日~11月10日

       (割り増し期間)11月11日~11月13日

 

料金 早割り 男性 9500 女性 6000

    通常価格 男性 10500円 女性 6500

*早割り、通常料金の方は保険代及びお弁当代込みの料金です

 

    割り増し 男性 11500 女性 7000

*割り増し期間の方は保険代は含まれますが、弁当代は含まれません 

 

 

*早割り条件 期間内にお申し込み後 10月末までにお振込みいただける方  

         お支払い期間を超えると通常料金になります

 

バナー割あります 以前バナーを張っていただいている方に関しては 上記の料金から

500円引きとなります。

 

今回は前回参加者割引はありません。

団体割引及びショップ割引はお問い合わせください。

 

お申し込みは当サイトのお申し込みページよりお申し込みください。

 

 

SRXという稀代の名シングルがこの世に登場して、20年以上。もはやレトロの域に入るこの名車に『戦闘機』の冠を被せることはできると思いますか?

 

初めまして、産廃と申します。SRXはサーキットで楽しい、峠で楽しいと言われ、様々なエンスーさんたちの評価を受けて来たバイクですが、果たしてこれを「他車種との無差別級バトル」のなかに突っ込んだら、どのような結果が出るのでしょうか。

 

キック始動・ツインショックのSRXを『競技ジムカーナ』というストイックな世界に持ち込んで開発した結果、見えてきたのはSRXのセットアップ・ライディングについてこれまで言われ、雑誌に書かれ、ネットでも書かれてきた様々な「定説」への否定でした。

 

SRXは、まだまだ闘えるバイクです。そして競技ジムカーナとは非常に特殊化した競技でありつつも、公道にフィードバックできる情報の多い競技でもあります。公道で現行車種やスポーツ車両を千切っては投げ千切って鼻毛ぼーんできるようなSRXの開発方針、パーツ選択、トレーニング方法について、競技人としてたった3年ですが、死ぬ気で全力投球した経験と情報を、公開できればと思います。

 

 

IMAGE003.jpg

(サーキット遊び仕様にした産廃号です。ジムカーナはレーシングスリック禁止!)

 

というわけで、期待しないで下さい!

十代の頃、初めてのバイクがSR
その頃からシングルの面白さにどっぷりハマリ20年近く・・・

最初はマフラー・ハンドル交換・自家塗装
キャブ・ステップとドツボにハマリ、エンジンにも手を出す始末

ショップに通い見よう見まねで弄る事を覚える
元々機会弄りが好きだったので「楽しい」

自分で組んだマシンで走るなんて想像もしていなかった

やってみると結構 「出来るじゃん♪」 こんな楽しみ方もあるんだ!

そして今も仲間と楽しんでいる

誰もが最初は 「壊したらどうしよう・・・」と思うハズ

無理にススメはしません でもね 4発なんかに比べると全然作りが簡単だから
そんな楽しみ方もあるんですよ

ちょいとそこまでの買い物から、気分転換にぶらり
ツーリングやサーキットまでいろいろな楽しみ方があると思います

少しでも大好きな単機筒の楽しみ方を紹介できれば・・・なんて思っています


hannwari.jpg

 

IMG_0146.JPG

2008年の大幅レギュレーション改正になったモテギ7時間耐久レースが今年も開催となりました

レギュレーション改正により250cc以下の4サイクルツインまでの車両であれば出場できるとのことで昨年も出場の調整をしていたのですが諸事情で断念今年もライダーが決まらず2点3点するも、昨年VFR400でマスターズ(上のクラスの耐久)に出場したライダーとスタッフのバックアップのおかげで、出場することが決まりました。

筑波TTを走らせるのとは違い、7時間の長丁場、あえてSRX250で参戦を決めていたのですが、何しろデータがない、実走でないと分からないことが多くありました。やはり重要なのが燃費そしてライダーへの負担軽減です。

最初に作ったエンジンは振動が多く筑波では、ある程度気にせず走れるのですが、モテギだと、かなりの負担になることが分かりました。またFCRを使っていたのですが、ノーマルキャブに戻しました

これは、燃費向上とライダーへの負担軽減のためです。

FCRはライダーにかなり乗り方を強制します。普段FCR付車両や2サイクルに乗っている人でしたら問題ないのですが3人のライダーのうち2人が強制開閉式キャブの経験がなかったのです。

TAMA-SPEEDのマフラーとの相性もあり(2本出しはFCRと相性悪いです)ノーマルキャブに戻したところタイムが平均的にあがりました チューニングパーツも組み合わせでデチューンになることを思い知りました。

 

ひそかに盛り上がっているツーリング企画

『 Single Nuts!Touring in 箱根』といたします。

参加資格は、『大人な単気筒オートバイ乗り』
単気筒のバイクを楽しむ、大人のルールを守れる方、参加をお待ちしております。

開催日は、10月4日(日)

開催場所は、亀石に11時!

オトナなので「現地集合!現地解散!」

現地で語るもよし!走り回るもよし!海を見つめて心洗うもよし!

そんな感じで楽しみましょ♪
※シングルじゃないと・・・駄目?と言う方 「偶然の遭遇をお待ちしてます」(笑)

無料アクセス解析 ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ...